グローバル・アライアンスのケース・スタディ

BCG・GEと2社の先輩である早稲田大の池上 重輔先生が、グローバル・アライアンスの新しいケースをトライアルしたいと、祝日に友人・知人・卒業生を緊急招集。

 

たまたま11日の祝日は、子供が父親とお出かけしていていなかったので、これ幸いと早稲田大へ行ってきました。

 

私は事業開発を専門に実務を行って来ているので、グローバル・アライアンスの実務経験豊富ですが、その理論はまったくカバーしておらず、「グローバル・アライアンスの理論なんて、あったっけ??」と、いただいたケースを読みながら、疑問を持ってしまいました。

 

ここは池上先生に教えてもらおう!

 

事前に送られてきたケースを熟読した後、自分が過去20年くらいやったグローバル・アライアンスを思い出し、うまく行ったケースといかなかったケースの要因を考えてみました。戦略的な要因だけでなく、文化的要素も大きいなぁと、あれ、これって結婚に似てる?とか、思考はどんどん発散していき・・・ 全然まとまりませんでした(笑)。

 

このケースディスカッションで、池上先生から教えていただいたのが、戦略的提携(他の組織との提携を通じて環境適応を行うこと)についての理論分野の蓄積は乏しく、長い間「理論家の孤児」と呼ばれていた(Borys, B & D.B. Jemison, 1989)こと。自分の備忘録として、ブログに論文をリストしておきます。

 

 

 

80年代末から徐々に研究が進み昨今はいくつかの理論フレームワークも出てきているそうです。いくつかの論文を教えていただきました。

 

  • Borys, B & D.B. Jemison (1989) Hybrid Arrangements as Strategic Alliances: Theoretical Issues in Organizational Combinations
  • Hamel, Doz & Praharad (1989) 「Collaborate with Your Competitors—and Win
    日本の企業は比較的戦略的提携を有効に活用している
  • Barney(2002) どの論文か分からないが、対象の選定、多角化のフレームワークがある
    Impactの大きさ×難易度×スピードで選ぶケースについてのディスカッション
  • Dyer, Kale & Singh(2004) When to Ally and When to Acquire
    シナジー、リソース、マーケットの状況によって、アライアンスか買収かを検討するフレームワーク
  • Liu & Woywode (2013) Light-Touch Integration of Chinese Cross-Border M&A: The Influences of Culture and Absorptive Capacity
    Synergy Potential, Culture Influence, Learning(adoption capability)などのフレームワークが出ている
  • Martin Reeves (2015) Your Strategy Needs a Strategy
    BCGでメンターだったMartinの本から!
    予測可能性×可変可能性のマトリックスから戦略を決める
  • Thunderbird International Business Review Vol. 55 No 4
    Hard/Soft integration について書かれている

論文を調べてみると、「へぇ~~知らなかった~」と思うことや、ここは実務ではちょっと違うと思うなぁ、じゃぁ、どんな風にこれを応用したらいいんだろう?と考えさせられます。実務の経験を理論をもとに、整理してみると、腹落ちするものも多く、改めて、こういうディスカッション・セッションに参加する機会があって良かったと思いました!

池上先生、ありがとうございます!

 

最後に参加者全員で集合写真。

こうしてみると、私すごく小さい・・・と、そこにショックを受けるのでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.22

カントリーリスクの高い国での事業開発で私がやっている5つのリスク対策

2015年1月20日に起きたイスラーム国による邦人2名の拘束・身代金要求の報道(日経新聞「イスラム国、邦人2人殺害警告か 身代金を要求」など…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る