interestingは面白いわけじゃない

今日は、ニュアンスがちょっと違うなぁ~と思う単語を取り上げます。

中学校で「interesting」を「面白い」と習った方が多いのか、そこでinterestingを使うのはちょっと違うなぁ~と思うことがたまにあります。「interesting」は、「面白い」よりも「興味深い」というニュアンスに近いです。

サッカーが楽しいはどうやって表現する?

だから、”Football is interesting”(サッカーが楽しい)という言い回しを耳にすると、「ん?なんか変?」と感じます。

こんなときは、”Football is fun”とか”Football is enjoyable”の方がぴったりきます。

ちなみに、サッカーの戦略に興味があれば、”Football is interesting”がぴったり来ます。

お笑い芸人が楽しいときはどうやって表現する?

同様に、お笑い芸人(コメディアン)が面白い時も、interestingは使いません。

“The comedian is funny.” と表現します。

「面白い」という英単語の使い分け方

上記の例に出てきたように、「面白い」にあてはまる英語には、interesting, enjoyable, funnyなどがあります。

  • 知的に面白い(興味を惹きつけられる)場合は、interesting
  • アクティビティ(スポーツ、パーティー、旅行)などには、enjoyableやfun
  • ウケる、笑わしてくれるときは、funny

こういう風にわけて使ってみると、より自然な英語になると思います!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る