複数の英英辞書を一括検索する方法

ざっくり和訳が必要な場合は、昨日書いた『めんどくさい英和辞書ひきを1クリックで終わらせる方法』で書いた株式会社フリーフォーマットの「Excelの玉手箱 アドインコレクション」の機能419「英和辞書一括検索」を使っていますが、翻訳をしたり、微妙な言葉の意味や語源を調べるには、英英辞典を調べるのが一番いいと思っています。

 

英英辞典がおススメなのは、英語の中・上級者

英語初心者に、英英辞典を使うのはおススメしません。それは、英語の語彙が2000-3000語はないと、英英辞典を読むのに辞書をひくことになり、英語学習が苦痛になるだけだからです。

 

辞書をひかずに意味が分かるようになるレベル(中・上級者)であれば、訳語だけでなく、その言葉の持つ意味を原語で理解すること、その言葉がどうしてそのようになったのか語源を知ることで、英語の”思考”を身につけるために、英英辞典は役に立つでしょう。

 

英英辞典が使えるレベルかは、The Oxford 3000をチェック

自分が英英辞典を使うべきかどうかを判断するには、The Oxford 3000をチェックしてみてください。 the Oxford Advanced Learner’s Dictionaryは、Oxfordで使われている基本単語3000語を公開しています。

 

この3000語の9割程度が分かるならば、間違いなく中・上級者ですので、英英辞典が理解できるはずです。

Oxfordが理解できれば、他の辞書も理解できると思います。

 

私が使っている4つの英英辞典

中学校時代から、「英英辞典は、複数を使い分けよ!」と学校で徹底されていたこともあり、英英辞典は30年近く以下の4つを使い続けています。

 

大きな使い分け方としては、歴史的語義型(Oxford)かコーパス型(頻度準、Oxford以外の上記3つ)かです。

私のお得意の(笑)コーパス型の方が性格的には合っているのですが、歴史的語義はどうなっているかと知るのも勉強の一環なので、あえて両方使うようにしています。時間がないときは、それぞれの領域から一つだけ、OxfordとLongmanを使っています。また、アメリカ英語とイギリス英語は違うので、アメリカ英語ではどう定義されているか、イギリス英語ではどう定義されているかという意味で、CollinsのBritish版とAmerican版を比較したりしています。

 

最近はオンラインになり、紙の辞書を持ち歩かなくてもいいため、複数辞書のチェックが本当に楽になりました。

 

複数の英英辞典を一括検索するならOneLookがおススメ

そして、これらを一発で検索してくれるサービスも登場しています。一番のおススメはOneLook Dictionary Searchです。コーパス型も歴史的語義型も、両方の辞書を網羅しているからです。

 

残念ながら、私がヘビロテしている上記4つを網羅しているわけではないのですが、いろいろな辞書を1回でチェックしたいという場合には、OneLookが便利です。もっと簡易に、英米の違い程度を知りたいときには、Dictionary.comを使っています。アメリカ英語、イギリス英語、語源を一括表示してくれるからです。

 

「自分がなぜ辞書を使うのか?」を考えて、じっくり複数辞書を比較するのか、英米の違いを調べるのか、訳語のみを調べるのかで、使うツールを変えています。そうすることで、内容の理解度とスピードの両方を満たせていると思います。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.4.5

    思考力Exercise9: 分野の掛け合わせで生み出す

    発想力は、無から生み出す場合と、あるものから作り出す場合の2つの方法があると書きましたが、私が最も得意としているのは、違う分野同士の掛け算をすることで新しい企画を作り出していく方法です。

  • 2015.1.2

    英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(1)

    英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがあります。 Tone (色調…

  • 2015.1.1

    キャリアアップEnglishダイアリー

    一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

ページ上部へ戻る