立夏を英語で何という?

芍薬が美しい季節になりましたね。

 

以前、「日記に書くことが無いときは、季節の話題について書く」と書きましたが、GW中、いろいろとやったけど、英語日記が続いていない!という方には、是非これを思い出していただきたいです。

 

今日は、立夏。春分と夏至のちょうど中間にあたり、暦の上では夏の始まりです。GWもいいお天気が続いたので、ホントに夏の始まりだなぁと感じられたのではないでしょうか。

 

立夏を英語でなんと言うでしょうか?

 

先ほど「夏の始まり」と書きましたが、英語でもそのまま「First day of summer」です。厳密に書きたい人は、「First day of summer in the traditional Japanese calender」と書くといいでしょう。

 

夏にどんな思いをはせますか? 英語日記に、夏休みにしたいことや、本格的な夏になったときにどうなっていたいかも合わせて書いてみるといいでしょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

  • 2015.2.5

    めんどくさい英和辞書ひきを1クリックで終わらせる方法

    「英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ」のステップ5にあたる分からない英単語辞書ひきをワンクリックで終わらせる方法をご紹介いたします。

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.1.1

    基本フレーズを学びましょう

    1か月目は、日記を書くための基本フレーズを学びましょう。 中学校で学んだ5文型を思い出してみましょう! 中学英語でもかなりいろいろなことが書けます。

ページ上部へ戻る