5月第3週: 自分の立場を明確にする(Clarification)

5月のテーマは、「頼んだり、頼まれごとを断ったりする表現を学ぶ」です。頼まれごとを断るステップは3つ。その第2ステップが、「自分の立場を明確にする(Clarification)」になります。今週は、この「自分の立場を明確にする」をテーマに勉強しましょう。(上手に断る3つのステップについては、5月1日の投稿を参照してください。

 

“I am (not) …”、”I (don’t) … “の形で、なぜ頼まれたことができなのか理由を説明する文を作ってみましょう。

 

MondayI’m already committed. (先約があるんです。)

TuesdayI am not comfortable … (気が進まないのですが…。)

wedI am not available today. (今日は都合が悪いの。)

ThurI don’t enjoy it. (あまり好きではないの。)

fridayI have other priorities. (他にやらないといけないことがあるの。)

SatIt’s not something that interests me. (興味のあることじゃないの。)

SunI’m desperate for downtime. (お休みする時間がどうしても必要なの。)

こんなふうにも…
★ I’m afraid I’m unable to help you right away. (あいにく、今すぐにお手伝いすることはできないんです。)

理由を説明する前に、”I’m afraid”(あいにく)や”I’m sorry”(申し訳ないけれど)などの枕言葉を入れると丁寧に聞こえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  • 2015.3.17

    私のタイムマネジメント術(2): 突発的な仕事にはこう対処する

    やるべき仕事をきっちりこなしながらも、プライベートは確保したい。そんな時に、突発仕事を振られたら、どう対処する?

  • 2015.2.6

    複数の英英辞書を一括検索する方法

    複数の英英辞典をどう使い分け、どう一括検索しているのか? 英英辞典を使うべき人とそうでない人を選別する方法など、英英辞典についてご紹介いたします。

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

ページ上部へ戻る