5月第3週: 自分の立場を明確にする(Clarification)

5月のテーマは、「頼んだり、頼まれごとを断ったりする表現を学ぶ」です。頼まれごとを断るステップは3つ。その第2ステップが、「自分の立場を明確にする(Clarification)」になります。今週は、この「自分の立場を明確にする」をテーマに勉強しましょう。(上手に断る3つのステップについては、5月1日の投稿を参照してください。

 

“I am (not) …”、”I (don’t) … “の形で、なぜ頼まれたことができなのか理由を説明する文を作ってみましょう。

 

MondayI’m already committed. (先約があるんです。)

TuesdayI am not comfortable … (気が進まないのですが…。)

wedI am not available today. (今日は都合が悪いの。)

ThurI don’t enjoy it. (あまり好きではないの。)

fridayI have other priorities. (他にやらないといけないことがあるの。)

SatIt’s not something that interests me. (興味のあることじゃないの。)

SunI’m desperate for downtime. (お休みする時間がどうしても必要なの。)

こんなふうにも…
★ I’m afraid I’m unable to help you right away. (あいにく、今すぐにお手伝いすることはできないんです。)

理由を説明する前に、”I’m afraid”(あいにく)や”I’m sorry”(申し訳ないけれど)などの枕言葉を入れると丁寧に聞こえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.3.26

    私の読書術(2):手を抜いて年間800冊の本を理解する

    積読ばかりで「早く読まなきゃ」とストレスをためるよりも、手抜きをしながら、本の内容を身に付ける「サマリー」を活用した読み方をしてみませんか?

  • 2015.1.1

    基本フレーズを学びましょう

    1か月目は、日記を書くための基本フレーズを学びましょう。 中学校で学んだ5文型を思い出してみましょう! 中学英語でもかなりいろいろなことが書けます。

  • 2015.1.1

    キャリアアップEnglishダイアリー

    一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

ページ上部へ戻る