8月第3週: ”感情”を表す表現

8月の第3週は、”感情”を表す表現です。

欧米文化は感情を言葉で表す文化なので、英語には”感情”にまつわる表現が非常に多くあります。”fire up” (感情や情熱を燃やす)などの動詞を使って、文を作ってみましょう。

例) My imagination was fired up. (想像力がかきたてられた)

 

MondayThe news dashed my hopes. (その知らせは私の希望を打ち砕いた。)

TuesdayHis half-hearted way of doing his job really galls me. (彼のいい加減な仕事ぶりに、とてもイライラさせられる。)

wedShe kindled my jealousy. (彼女は私の嫉妬をかき立てた。)

ThurI was infuriated. (私は激怒した。)

fridayI was craving for water. (水が飲みたくて仕方がなかった。)

SatI adore Tom Cruise. (トム・クルーズを崇拝している。)

SunThe sudden resignation of the prime minister stunned the nation. (首相の突然の辞任に、国中が驚いた。)

 

こんなふうにも…

プラスの感情を表す語とマイナスの感情を表す語に分けて覚えると良いでしょう。

★ The discussion heated up. (議論が白熱化した。)

★ I was irritated by his long speech. (私は、彼の長い演説にイライラした。)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る