注目される: draw attentionとattract attentionの違い

先日、論文の英語を修正していたときに、自分は無意識に使い分けていたけど、ホントはどうだっけ?と思い、調べた内容の備忘録です。

bring/draw (sb’s) attention to
to make someone notice something or someone:
If I could just draw your attention to the second paragraph.
She’s always trying to draw attention to herself.

attract/get (sb’s) attention
to make someone notice you:
I waved at him to get his attention.
 
 

人やモノ・事に対して気づいてもらうニュアンスが強いdrawと、誰かがあなたに気づいてもらうニュアンスが強いattractだと理解したらいいようですね。

普段何気なく使っている単語も、調べてみると「おぉ、そうだったのか!」と気づくことが多いです。

そんなときによく使うのは、こちらの出典にも書いているCambridge Dictionaries Onlineです。

自分が使いやすい辞書を見つけておくのも、英語学習を続けていく上で大事なことですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.2.1

    思考力Exercise 2: 旅行日程で目標設定と全体像をつかむ

    仕事を進めるうえで大切なのは全体像を把握し、その後で仕事を小さなパーツに分け、効率よく達成していく必要があります。今回は、目的設定をし、全体像を把握する訓練を、旅行プランの全体像を作るエクササイズを通しておこなってみましょう。

  • 2015.2.6

    複数の英英辞書を一括検索する方法

    複数の英英辞典をどう使い分け、どう一括検索しているのか? 英英辞典を使うべき人とそうでない人を選別する方法など、英英辞典についてご紹介いたします。

  • 2015.4.5

    思考力Exercise9: 分野の掛け合わせで生み出す

    発想力は、無から生み出す場合と、あるものから作り出す場合の2つの方法があると書きましたが、私が最も得意としているのは、違う分野同士の掛け算をすることで新しい企画を作り出していく方法です。

ページ上部へ戻る