注目される: draw attentionとattract attentionの違い

先日、論文の英語を修正していたときに、自分は無意識に使い分けていたけど、ホントはどうだっけ?と思い、調べた内容の備忘録です。

bring/draw (sb’s) attention to
to make someone notice something or someone:
If I could just draw your attention to the second paragraph.
She’s always trying to draw attention to herself.

attract/get (sb’s) attention
to make someone notice you:
I waved at him to get his attention.
 
 

人やモノ・事に対して気づいてもらうニュアンスが強いdrawと、誰かがあなたに気づいてもらうニュアンスが強いattractだと理解したらいいようですね。

普段何気なく使っている単語も、調べてみると「おぉ、そうだったのか!」と気づくことが多いです。

そんなときによく使うのは、こちらの出典にも書いているCambridge Dictionaries Onlineです。

自分が使いやすい辞書を見つけておくのも、英語学習を続けていく上で大事なことですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  • 2015.1.1

    1か月目は、日記でよく使う基本的な表現を使ってましょう

    先ほど学んだ基本文型を使って、1か月目は、日記でよく使う基本的な表現を使ってみま…

  • 2015.1.11

    提案力を鍛える

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには秘訣をご紹介。

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

ページ上部へ戻る