「数学×音楽!? ~数学がひも解く音楽のヒミツ」開催

2015年2月7日(土)午後1時半開演(午後1時開場)に、東京・虎の門のJTアートホールアフィニスで、「数学×音楽!? ~数学がひも解く音楽のヒミツ」という秋山ゆかり企画コンサートを開催しました。

今回のテーマは数学と音楽です。

表(画質低)自然は驚くほどに数学的です。古代ギリシャのピタゴラス教団が「自然界のあらゆる構成物は数から生じるハルモニア(調和)から成り立っている」と語ったほど。

作曲家たちは、完璧な旋律を求め、「美しい」と言われている集合論、抽象代数学、数論を作曲に使いました。例えば、ドビュッシーは黄金比を、ベートーヴェン は白銀比を応用し、メシアンやバルトークはフィボナッチ数列を使って、「完璧な音楽」を追い求めて、作曲を続けました。

今回は、フィボナッ チ数列やピタゴラスの定理をはじめ、シェーンベルクの十二音回など、数学を使って巨匠たちが作り上げた曲をお楽しみいただきます。そして、数学のトリック を操るプロマジシャンの上口龍生氏をお招きし、フィボナッチ数列やピタゴラスの定理などを一緒にひも解きます。

演目:  ストラヴィンスキー オペラ「放蕩児の遍歴」より「トムからは何の便りもない」、チャイコフスキー オペラ「スペードの女王」より「ああ、私は悩み疲れ た」、メシアン「地と天の歌」より「VI.復活」、バルトーク「ミクロコスモス」、ベートーヴェン ピアノソナタ第17番「テンペスト」より第一楽章 な ど (都合により曲目が変更になる場合があります)

会場 JTアートホールアフィニス 〒105-8422 東京都港区虎ノ門2-2-1 JTビル2F Tel. 03-5572-4945
出演  秋山 ゆかり (ソプラノ/企画)、北村 真紀子 (ピアノ)、浅野 桜子 (ピアノ)、
上口龍生 (マジシャン)
チケット  4000円(全席自由)
お申込みは、(株)Leonessaまで
後援 公益財団法人 日本数学検定協会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  • 2015.1.1

    キャリアアップEnglishダイアリー

    一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

  • 2015.3.26

    私の読書術(2):手を抜いて年間800冊の本を理解する

    積読ばかりで「早く読まなきゃ」とストレスをためるよりも、手抜きをしながら、本の内容を身に付ける「サマリー」を活用した読み方をしてみませんか?

  • 2015.2.6

    複数の英英辞書を一括検索する方法

    複数の英英辞典をどう使い分け、どう一括検索しているのか? 英英辞典を使うべき人とそうでない人を選別する方法など、英英辞典についてご紹介いたします。

ページ上部へ戻る