2018年9月1日企業経営研究会で「『新規事業を生み出す芸術思考』 ~アーティストが0から1を生み出す思考をビジネスに使う~」講演

2018年9月1日(土)に、企業経営研究会で、『新規事業を生み出す芸術思考』~アーティストが0から1を生み出す思考をビジネスに使う~についての講演をしました。

ビジネスや教育など様々な分野で、「創造性」が重要視されるようになってきました。ハーバード大学をはじめ、アメリカの心理学や教育学の研究でも、創造性が多くの能力の開発に繋がるという結果が出ており、学校でそのような考え方を取り入れたプログラムが導入されて成果をあげています。

 「創造性が大事なのはわかっているけれど、自分には創造性はない……」などと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
 

創造性は誰にでも必ずあり、自分の中から引きだすことができるものです。もし、自分に創造性が無いと思っているならば、まだそれに気づいていない、あるいは発揮する方法を知らないだけです。
 

そして、創造性は芸術活動だけでなく、ビジネスの活動にも応用できるものです。新規事業開発には、創造プロセスが含まれており、このプロセスは芸術家が作品を創りだす創造プロセスととてもよく似ています。
 

そこで、今回は、芸術家が0から1を生み出す思考プロセスをヒントに、自分の中にある創造力を活用していく芸術思考について、ご紹介します。

創造性とは何か? 自分の中からどのように引き出すのか? それをビジネスにどう応用していくのか? これらの疑問について、「芸術思考」という考え方をベースに考えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る