パソナ本社1F水上ステージでセルフプロデュースコンサート「2+2=5~戦争に翻弄された音楽家たち~」開催

2013年3月9日にパソナ本社1F水上ステージでセルフプロデュースコンサート「2+2=5~戦争に翻弄された音楽家たち~」を開催しました。

 

演目:

チャイコフスキー バレエ「白鳥の湖」より 「第二幕情景」/リムスキー=コルサコフ 歌劇「サルタン皇帝」より「熊蜂の飛行」/ラフマニノフ 「楽興の時作品16 第4番」/ ショスタコヴィッチ 「ブロークの7つの詩」より 「オフィーリアの歌」 /ストラヴィンスキー バレエ「プルチネルラ」組曲より 「II セレナータ」/プロコフィエフ ソナタ第6番「戦争ソナタ第四楽章」 /ラフマニノフ 「14のロマンス」より 「ヴォカリーズ」 (Op.34-14) /スタイナー 映画「風と共に去りぬ」より 「タラのテーマ」 / グリエール 「コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲 Op.82」 より「第一楽章 アンダンテ」/リムスキー=コルサコフ 「グリンカの主題による変奏曲」 / スクリャービン 「2つの左手のための小品」/バーンスタイン 歌劇「キャンディード」より 「着飾ってきらびやかに」/ハチャトゥリアン バレエ「ガヤネー」より 「剣の舞」 /ピアソラ 「リベルタンゴ」/「The War is Over」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  • 2015.1.24

    英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

    いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

  • 2015.1.1

    キャリアアップEnglishダイアリー

    一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

  • 2015.3.26

    私の読書術(2):手を抜いて年間800冊の本を理解する

    積読ばかりで「早く読まなきゃ」とストレスをためるよりも、手抜きをしながら、本の内容を身に付ける「サマリー」を活用した読み方をしてみませんか?

ページ上部へ戻る