英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(1)

英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがあります。

Tone (色調、調子)、Feelings(感覚、感情)、Emotions(感情、感性)です。

FeelingsとEmotionsは似ていますが、Emotionの方は、触って確かめることのできないものや具体的でないもの、Feelingsは触ることができたり具体的なものを指しているケースが多いです。

今日は、Emotions(感情、感性)でよくつかう形容詞をご紹介します。

肯定的な感情・感性

  • Happy (幸福な、満足な、幸せな)
  • Joyful (うれしい、楽しい、喜んでいる)
  • Loving (愛情がある、愛情があふれる)
  • Sweet (甘い、甘美な、香りのよい、最愛の、美声の、かわいい)
  • Appreciative (感謝している、真価が分かる、鑑賞眼のある)
  • Thrilled (ワクワクした、興奮した、感激した)
  • Overjoyed (大喜びの)
  • Respectful (敬意を表す、丁重な)
  • Supportive (支持する、支援する)
  • Serene (静かな、穏やかな、晴れた)

否定的な感情・感性

  • Sad (悲しんでいる、惨めな気持ちの、残念な)
  • Angry (怒って、憤慨して、荒れている)
  • Mad (頭にきて、熱狂して、熱中した)
  • Grumpy (不機嫌な、機嫌の悪い、イライラした、気難しい)
  • Tearful (泣いている、涙を誘う)
  • Devastated (精神的に打ちのめされた、経済的に打撃を受けた)
  • Horrified (恐怖に襲われた)
  • Disgruntled (不機嫌な、ムッとした)
  • Hurt (けがをした)
  • Annoyed (イライラして、悩んで、困って)
  • Aggravated (悪質な、深刻化した、イライラして、怒って)
  • Hating (嫌う)
  • Sour (酸っぱい、不愉快な、不機嫌な、ひねくれた)
  • Depressed (精神的に落ち込んだ、元気のない、鬱状態の)
  • Sick (病気の、青ざめた、気がめいった)
  • Anxious (心配して、気がかりで)
  • Frustrated (挫折した、失望した、いらだった)
  • Envious (うらやましい、嫉妬する、ねたんでいる)
  • Longing (切望する、憧れる)
  • Shameful (恥ずべき)
  • Selfish (利己的な、自分勝手な、わがままな)
  • Overwhelmed (圧倒された、困惑した)

これらの単語を I am ~、 I was ~ で使えば、1週目の日記はいろいろな表現ができますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.3

今後求められるジョブ・スキルは?

これからどういうキャリアにすべきか? どんなスキルが必要になるんだろうか? 年末年始のお休み中に、キャリア・プランを考えている人も少なく…

おすすめ記事

  • 2015.1.1

    基本フレーズを学びましょう

    1か月目は、日記を書くための基本フレーズを学びましょう。 中学校で学んだ5文型を思い出してみましょう! 中学英語でもかなりいろいろなことが書けます。

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.1.4

    英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(3)

    英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがありますと、「英語で感情を表現…

ページ上部へ戻る