金属アレルギー対策: 歯医者

病院の先生に最初に言われたのが、歯医者さんで歯の詰め物が何かを確認することでした。

アレルギーの出ている金属を使っていれば、いくら生活からニッケルやスズを除去したとしても意味がないので、まずは歯のチェックを!と言われ、歯医者さんへ。

お盆でも対応してくださってありがとうございます _o_

結論から言うと、歯はまったく問題なしでした。

もし、セラミックに入れ替えるとなると、現在詰めているものの本数から、総額50万はくだらないという試算だったので、一番ほっとしました。

しかも、麻酔にアレルギーがあるので、麻酔が使いにくいことから、これだけの数の入れ替えをするとなると、どうやるのか、アレルギー科の先生と相談しながらやらないといけないと言われていたので、その調整はどうやるの!? 最後は、麻酔なしでやるんでしょ!?と、ちょっとビビっておりましたので、大丈夫と言われて、どっと疲れが出ました(*v.v)。

今かかっている歯医者さんはアメリカから帰国して20年くらいずっとお世話になっているところで、しかも、アメリカ時代のカルテのコピーも渡してあるので、30年以上のデータが取ってあり、子供の頃に入れた詰め物も、その頃にどんな麻酔を使っていたかもすべて記録があるので、ホントに安心。

かかりつけ医ってすごく大事だよなぁと実感した瞬間でした。

ちなみに... 先生のところで使っている麻酔は大丈夫なものの1つだというのも分かり、必要だったらちゃんと麻酔かけて治療してくれるそうです。はぁ~ よかった~~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2013.4.16

金属アレルギーの包丁問題

金属アレルギーの人がすごく悩む、包丁。 私もすごく悩んでいます。 京セラのセラミック包丁が、一般的に使われているものだと思うのですが… …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る