プレゼンテーション資料の作り方のツボが満載「プレゼン資料作成のツボとコツがゼッタイにわかる本」

奥秋和歌子さん新刊奥秋和歌子さんBCG時代に大変お世話になったパワポの達人、奥秋和歌子さんの新刊「プレゼン資料作成のツボとコツがゼッタイにわかる本」が発売されました。

 奥秋和歌子さんは、私がBCGに勤務していた頃、BCGでプレゼンテーション資料を作る専門部隊のリーダー格でした。

 

入社後、手取り足取り、「わかりやすいプレゼンの作り方」を指導していただきました。プレゼンの基本だけでなく、どうやったら見やすくわかりやすいパワポを時短で作れるかというテクニックもたくさん教えていただきました。

 

奥秋和歌子さんから教えていただいたテクニックは、バインダー2冊を超えます!

奥秋和歌子さんから教えていただいたテクニックは、バインダー2冊を超えます!

その当時、彼女に教えてもらったテクニックメモは、2つのバインダーに残してあって、「私、プレゼンの作り方ダメだな」と思うと、ペラペラとめくっては勉強しなおしているほど。彼女こそプレゼンの本を出すべきだとずっと思っていました。その彼女が書き下ろした待望の本です!

 

とにかく、最初にやってほしいのは、プレゼン資料作成タイプのチェック! 

彼女の本の最初に書かれていますが(そして、なんとブログでも公開されています!)「自分の資料作成タイプ」を把握することで、どこをどう勉強していけばいいか的確なアドバイスが本の中に書かれています。

私は時と場合によって、このタイプが変わります。(クライアントや上司に振り回されているとも言うのかもしれませんが……。)

「今日は文字ぎっしりタイプになっちゃってるから、どうしたらいい?」と自問自答しながら、パワポ資料を見直す方法がこの本の最初の20ページで分かってしまいます。

 

プレゼン資料作成テクニックに自信がある方にも、第3章が、おススメ。コンサルティング会社がつくる、中身が濃いだけでなく、非常に美しい見た目のプレゼン資料はどう作られているのか? この領域のプロ中のプロの奥秋さんが、そのテクニックの多くを惜しみなくシェアしてくれています。もっとも手間をかけずに、効率よく、パワポを使い倒して、資料を作るために、絶対に知っておかなければならないテクニックが詰め込まれています。

 

プレゼン資料がうまく作れない。

 

と、悩んでいる方。

 

ちょっと金額が高めの本ではありますが、プロ中のプロが培った20年のテクニックを惜しみなくシェアしてくれている本なので、是非、この本で勉強してみてください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  • 2015.2.6

    複数の英英辞書を一括検索する方法

    複数の英英辞典をどう使い分け、どう一括検索しているのか? 英英辞典を使うべき人とそうでない人を選別する方法など、英英辞典についてご紹介いたします。

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.1.3

    英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(2)

    英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがありますと、「英語で感情を表現…

ページ上部へ戻る