明治大学で講演: キャリアに必要なポータブル・スキルとは?

Meiji昨日、明治大学で講演させていただきました。

最近大学側は積極的に、キャリアについて外部の講演を増やしているように思います。

今回のテーマは、「女性のキャリア育成」についてでした。オーディエンスの半分以上が男子学生でしたが、「女性のキャリア」というところにフォーカスを置いてお話をしてほしいと頼まれました。内容的には、男性でも女性でも活用できるものを、なるべく多く話すように心がけました。

今回Q&Aであがった中の1つが、「ポータブルスキル」について。学生から社会人になるとき、社会人になってからも、専門知識だけでなく、業界を超えて使用できるポータブル・スキルを身につけるようにという話をしたのですが、学生時代に身につけられる「ポータブルスキル」にどんなものがあるのか?という質問が出ました。

一つはは、「勉強の仕方」ではないかと思います。私は、学生時代に、自分の知らない分野の授業を積極的に取っていたので、しかも理系でありながら、単位に必要のない文系の授業もいろいろと取ったため、ものすごく勉強をしなかったいけない時期があります。短期間に大量の本を読み、そこから必要なものを抜き出してくるベースは大学時代に得られていたと思うことがあります。もちろん、社会人になってから、特にBCGに転職してから、大量の本を効率よく読むやり方を身につけたことが一番大きいのですが、やはりベースは、学生時代に作られていると思います。

社会人になってからの方が勉強しなくてはいけないことが多い様に思うので、しかし、学生時代に比べると圧倒的に自由になる時間が少なくなるので、学生時代に、しっかりと効率の良い勉強法を身につけておいてもらいたいなぁと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.2.1

    思考力Exercise 2: 旅行日程で目標設定と全体像をつかむ

    仕事を進めるうえで大切なのは全体像を把握し、その後で仕事を小さなパーツに分け、効率よく達成していく必要があります。今回は、目的設定をし、全体像を把握する訓練を、旅行プランの全体像を作るエクササイズを通しておこなってみましょう。

  • 2015.1.24

    英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

    いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

  • 2015.1.3

    今後求められるジョブ・スキルは?

    これからどういうキャリアにすべきか? どんなスキルが必要になるんだろうか? …

ページ上部へ戻る