7か月目は、英語のプレゼンテーション力アップを目指しましょう!

英語のプレゼンテーションで大切なのは、プレゼンテーションの構成です。ほとんどのプレゼンテーションが3部構成になっています。欧米人が聞き手の場合は、この構成で話すことを期待されているので、これ以外の組み立てで話すと、聴衆は「あれ? どうなっているんだ?」と不安になります。初心者の場合は、まず、この構成を基本形として活用しましょう。

 

Introduction (導入)

  • Attention Getter (聞き手の興味を喚起する)

  • Self-Involvement (聞き手の興味をあなた自身に向けさせる)

  • Purpose Statement (内容や話し手の視点を示す)

  • Presentation Plan (話す順番を示す)

  • Transition to Body (本論への橋渡し)

 

Body (本論)

  • First Main Point (最初のメインポイント)

    • Details(詳細)
    • Supporting Information (メインポイントを証明する情報)
  • Second Main Point(2番目のメインポイント)

    • Details (詳細)
    • Supporting information(メインポイントを証明する情報)
  • Third Main Point(3番目のメインポイント)

    • Details (詳細)
    • Supporting information(メインポイントを証明する情報)
  • Transition to Conclusion(まとめへの橋渡し)

 

Conclusion (まとめ)

  • Re-Focus(視点・結論を繰り返す)

  • Close(まとめ)

  • Transition to Questions and Answers (質疑応答への橋渡し)

 

出所:『日本人ビジネスマンのための英語プレゼンテーションの技術』(安田正&ジャック・ニクリン著/ジャバンタイムズ刊)より

 

プレゼンテーションの中身ができたら、あとは練習あるのみ! 私は通常最低でも3~5回はプレゼンの練習を行います。

 

まず、一番気をつかうのは、プレゼンテーションの出だし。ここでつまずくと、最後までうまく持っていくことができなくなるので、まずは、出だしの一言を押さえます。

 

そして、次に重要なのが、話題を変えるときのトランジション。「今まではこの話をしました。次はこの話をします」という合図を送る役目を果たします。万が一、あるトビックがうまく話せていなくても、このトランジションのところで態勢を立て直すことができます。

 

そして、まとめとなるクローズのところは気合いを入れていきたいものです。極端な話、最後がしっかりしていれば、途中がボロボロでも終わりよければすべてよし!で、中身のあるプレゼンだったね、と言ってもらえます。まとめのところは、何が言いたかったのかをきっちりまとめて、「お持ち帰り」をしてもらえるポイントを述べましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

  • 2015.2.1

    思考力Exercise 2: 旅行日程で目標設定と全体像をつかむ

    仕事を進めるうえで大切なのは全体像を把握し、その後で仕事を小さなパーツに分け、効率よく達成していく必要があります。今回は、目的設定をし、全体像を把握する訓練を、旅行プランの全体像を作るエクササイズを通しておこなってみましょう。

  • 2015.2.6

    複数の英英辞書を一括検索する方法

    複数の英英辞典をどう使い分け、どう一括検索しているのか? 英英辞典を使うべき人とそうでない人を選別する方法など、英英辞典についてご紹介いたします。

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

ページ上部へ戻る