“almost”=「ほとんど」ではない!?

学生時代からの友人の菅原健さんが、非常にいいまとめ方をしていたので、ご本人の承諾を得て転載します。

 

辞書的には “almost” は「ほとんど」でいいんですけどね、英語の “almost” と日本語の「ほとんど」がまるっきり同じと考えていると間違えやすい表現があります。

 

「ほとんどの人はこの事実を知っている」

 

この例文どう訳します?

 

日本人がよく間違えるのがこれ

× Almost people know this fact.

 

“almost”=「ほとんど」と記憶していると「ほとんどの人」という日本語の文法に引っ張られて “almost people” とやりたくなるのでしょう。

 

だけど “almost people” をネイティブが読んだり聞いたりすると「ほとんど人(みたいだけど完全には人でない何か)」って意味に取れてホラーの世界になります。「早く人間になりたい」ってヤツですね。

 

正しくは

 

○ Almost all people know this fact.

 

副詞としての “almost” は「ほとんど」ではなく「ほぼ」と憶えると 「ほとんどの人」→「ほぼ全ての人」→ “almost all people” と正しい英語表現にたどり着きやすい気がします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.1

キャリアアップEnglishダイアリー

一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

おすすめ記事

  • 2015.2.15

    思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

    全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

  • 2015.1.3

    今後求められるジョブ・スキルは?

    これからどういうキャリアにすべきか? どんなスキルが必要になるんだろうか? …

  • 2015.1.18

    全体像を捉える

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方を学んでいきます。

ページ上部へ戻る