思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

上司になって考える

絵: かたぎりもとこ

全体像を読みとる訓練として、私がおススメしているのは、「直属の上司になりきって考える」ことです。これは、どんな場面でも「上司だったらどう考えるだろう?」と考え、予想を書き出すエクササイズです。

 

たとえば会社で人事異動の発表があった際、「私の上司ならこれを見てどう思うか?」と、考えてみます

 

「あの人はこういう業績を残している。会社は今後こっちの方向で事業を伸ばす必要があるから、その経験を持つ彼が昇格したのだろう」などと考えておき、上司と顔を合わせた際にさりげなく「あの人事どう思いました?」と聞いてみるのです。

 

すると、上司は「ああ、あれはこういうことだよ」と答えてくれるはずです。

 

上司は少なくとも自分よりは上の視点を持っているので、自分の考えと違っていた点をノートに書きとめておけば、大変勉強になります。

 

私も実際にやっているのですが、自分がどこまで視野を広げられたか、第三者的視点から再確認できるというメリットがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る