高校時代の友人と24年ぶりに再会

BridgetWeishaar高校時代の友人、Bridget Weishaarが出張で東京に2日だけ来ることになったという連絡を受け、急きょお食事をすることになりました。

 

Facebookなどでやりとりがあったり、アナリストとして彼女の名前を新聞やテレビで見かけたりすることが多かったので、高校卒業以来会っていない感じはしなかったのだけれど、会うのはなんと24年ぶり。

 

今回の出張でも、CNBCの収録をはじめ、インタビューもいくつか入っているそうで、ものすごく忙しいけれど、高校時代の友達とご飯が食べられたとものすごく喜んでもらえて、私も久しぶりにBridgetに会って、ものすごく深い話ができて、とっても楽しい時間を過ごしました。

 

お互い、同じ業界で仕事をしているなんて、高校時代にはまったく考えた事も無かったし、20年後に遠く離れた東京で、中国でのジョイントベンチャーのやり方やアジアの経済成長についてなど議論をするとは想像もしていなかったねと、たくさんおしゃべりをして、たくさん笑った夜になりました。

 

私たちの時代でも、相当学校は意識して、いろいろな卒業生を連れてきては講演をしてくれたけれど、自分たちが進んだような道に進んでいた先輩ってあまりいなかったよねぇという話から、学生時代に思い描いていたキャリアの選択肢って本当に狭くって、それをもっと広げるにはどうしたらいいのかという議論に発展。

 

また、米国の金融の世界でも、フィールドサイドでシニアマネジメントまで行く女性は少ないそうで、紅一点でどうやって社内政治で立ち回るかという話や、キャリアと私生活のバランスのさせ方についてなどの話題も多くでました。

 

正解なんてどこにもないかもしれないけれど、こうやってがんばってキャリアを築いている古き友と、いろんな話をしながら、ヒントや刺激をいっぱい貰うことができて、本当に楽しい夜になりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る