2017年現在の金属アレルギー状況

はじめてお会いする人からも、「金属アレルギーの情報ありがとうございます!」と言われることが増えました。サイトのアクセス数を見ると、金属アレルギー関連のページへのアクセスが、古い記事でもトップに来ています。

 

よく聞かれるのは、何か新しいものを見つけたのか、現在どういう生活をしているか、アレルギーの状態はいいのかということ。

 

アレルギーの状態は人それぞれ異なりますので、私1人の状況ではあまり参考にならないかなと思いながらも、私も自分が情報を探し回っていた2012年の夏頃は、ブログ記事を読んだ時に、この人はその後どうなったんだろう?と思うことがあったので、あくまでも1患者の状況ということを念頭に置いていただきたいのですが、現状をアップデートします。

 

 

▼目次

  1. 現在の肌の状態
  2. 通っている病院
  3. 食事
  4. 調理器具
  5. アクセサリー
  6. メイク用品
  7. まとめ

 

現在の肌の状態: 湿疹はほぼなし

 

2012年8月に、金属アレルギー(ニッケルとスズ)が分かった後、アナフィラキシーショックを起こすようになって、金属アレルギーの治療だけでなく、薬物・食物アレルギーの治療もおこなうようになりました。年数回救急に搬送され、1度は呼吸すらしなくなるというとても危険な状態になったこともあったのですが、金属・薬物・食物アレルギーとうまく付き合えるようになってきたこともあり、緊急搬送されることはこの3年ゼロになりました。

 

注: 金属アレルギーは遅延アレルギーでアナフィラキシーショックを起こしていたのは、主に食物です。

 

メディア等でも写真が出ているので、湿疹が顔にほぼ出ていないのはご存じの方も多いのですが、ここ3年ほどは、全身かなりキレイな肌の状態をキープできています。内服薬1種のみで、塗り薬も使っていません。

 

2012年診断当時の過去記事:

 

 

通っている病院: 都内でアレルギー専門外来を持つ大学病院

 

もともとクリニックの皮膚科に受診していましたが、入院して金属アレルギーを調べるタイミングで、クリニックから大学病院へ紹介状が出て、2012年8月に金属アレルギーを診断されました。その後、金属アレルギーだけでなく、他のアレルギーで悪化している可能性が高いということで、さらに専門に診断・治療ができる別の大学病院へ紹介状が出て、現在は、東京都内でアレルギーを専門としている先生が多くいる大学病院に通っています。ここで数回入院による治療もおこないました。

 

アレルギーでの医師の探し方については、以前記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

 

結果として今の病院に移ったから、アレルギーの状態を良くし、共存できるようになったんだなぁと思っています。

いい医師と出会うのは大事なことだと思います。

 

食事: 一部除去、外食もしています

 

全身型金属アレルギーの食事指導の論文P162を参考に、ニッケル含有量の多い食品は除去しています。といっても、最初は、全除去からスタートして、肌の状態がかなりよくなってきたタイミングで、先生の指導の下、食べられるものを増やしていきました。今では、数値が非常に高いチョコレートやきな粉などの除去のみなので、実はそれほど日常生活が不便でなくなりました。外食も結構普通にしています。小さい子どもがいるので、毎日ではなく、週1-2回程度ですが、食事が原因で調子を崩すことはほとんどなくなりました。

 

自宅での食事を作る際に、調理器具から出るニッケルにはかなり注意をしています。

 

同じ品目が重ならないように、食べたモノをチェックしながら、なんちゃって回転食(なんちゃってをつけているのはものすごく厳密にやっているわけではないため)は続けています。

過去記事: 食物アレルギーの栄養指導

 

 

調理器具: 生活に合わせて少し変えました

調理器具は、子どもが生まれて、子どもの食事を大人(私)の食事と別に作らないといけないなどの生活スタイルが変わったことが大きく影響し、この2年で入れ替えました。

2012年の発病当初の調理器具については、主に以下の4つの記事にまとめてあります。

過去記事:

 

シリットのシラルガンの鍋を追加

鍋は、以前紹介したリュミナルク アルコフラム片手鍋16cm、RIESSのミルクパンにプラスして、シリット社のシラルガン14cmミルクポットを購入しました。探すにあたり、どうせなら違うメーカーをこの機会に試してみたいと思い、金属アレルギーが多く、規制がいろいろとかかっているヨーロッパに住む人にどのメーカーを使っているか聞いて回ったところ、シリット社のシラルガンについて教えてもらいました。

利用頻度は、最初に買った2つよりも低いは低いですが、2週間に1回、大量に食事を作って冷凍しているため、2週間に1回は必ず使っているものです。コンパクトでコンロに置いても場所を取らないため、想像以上に使い勝手が良かったです。

 

ル・クルーゼのフライパン2種を追加

フライパンは、ホリエのチタンのフライパンとバーデンスのフライパンを使っていましたが、今は、ホリエのチタンフライパンと、ル・クルーゼのTNSフライパン2種の計3つを使っています。バーデンスは、重すぎて、出産後かなり酷い腱鞘炎を患った私の手には負えず、ル・クルーゼがフライパンの下取りキャンペーンをやっていたときに、手放しました。ル・クルーゼのフライパンの一番小さいものが子供の料理用にヘビロテされています。私は、自分のご飯はあまりル・クルーゼでは作っていません。

 

炊飯器は、以前と同じパナソニック

炊飯器は、ニッケルアレルギー対策用炊飯器の記事で紹介したパナソニックのSR-KG051を使用しています。子供のご飯は、自分たちのご飯を炊くときに、パイレックスのカップを中央に入れて炊いています。

 

サーモスのチタンボトルは追加購入

プレゼントでもらったサーモスのチタンボトルが優秀すぎる話は以前書きましたが、毎日の私の飲み物を支えるには、1本では足りないので、2本目を購入。2本のサーモスチタンボトルが、私の授乳生活を支えていると言っても過言ではないです(笑)

在庫切れになっていたり、入手が難しくなっているようなので、気になる人は見つけたら即購入をおススメします。

 

アクセサリー: ピアスのみ

メディアに出るときは、つけていますが、日常生活では、ピアスと結婚指輪をつけるくらいです。夏になると、結婚指輪もはずしてしまっています。汗をかくと、ア金属アレルギー対応になっているとはいえ、かゆくなるのでつけません。かゆみを抑え、皮膚の状態をよいままキープすることを医師から言われているので、肌がキレイな方を優先しています。

 

使っているアクセサリーと時計については、過去記事にご紹介したもの相変わらず使っています。

指輪: ブルガリ

ピアス: FDAピアス(日常使い)、スワロフスキー(体調いいときのみ)

時計: ボーム&メルシエ(ほぼ使っていませんが)

 

メイク用品: アクセーヌ一筋

 

メイクは、以前ご紹介したときから、実はあまり進化していなくて、ベースはアクセーヌです。肌の調子がすごくいいと、あれこれ試したくなって、いろいろと試してみたのですが、やはりかゆくなったり、かぶれたりすることが続き、もう浮気はやめてアクセーヌ一筋で行こう!と決めて、日焼け止め~色物までをアクセーヌがメイン。アイライナーはLa Rocheのアイライナーを使っています。

この春に、アクセーヌから新しい日焼け止めが出て、こちらは夕方まで肌色キープにいい少しピンク味の入ったものなので、下地をこれにすると、ファンデの色も明るめになるので、日焼け止めの複数使いをしています。

地味に、アクセーヌも進化していますね。

 

メディアに出ているときのメイク用品は、アイライナー以外すべてアクセーヌですが、メイクをもっとなんとかしたら?と言われることはないので、まぁこれでいいのかなと思っています。

 

過去記事:

金属アレルギー対策: メイクなどの美容関連

金属アレルギー対策: メイク関連用品について: ファンデーション、マスカラ、アイライン、リップ(2)

 

まとめ: 生活のベースは意外と変わっていない!?

 

日常生活ではこんな感じでしょうか? 

 

振り返ってみるとこの5年間、使っているものはあまり変わっていないのですが、アレルギーの状況は劇的によくなっています。

 

たまに、治っているのかな?と思って、チョコレートやきなこなど、ニッケルを多く含む食事をすると、2週間後くらいに発疹が出ますので、金属アレルギーは治っていないので、無茶なことはやめていますが、それ以外は、生活の基盤を作った後は、意外と普通に暮らしています。

 

注: 上記の情報はあくまでも、金属アレルギー(ニッケル)1患者の状況であって、アレルギーの状態は人それぞれ異なり、治療の進行状況も異なるため、あくまでもご参考情報としてお使いください。食事の除去をする場合は、必ず専門医の元で行ってください。

関連記事

コメント

    • まんぼう
    • 2017年 6月 28日

    初めまして、こんにちは
    都内に住む大学生です
    去年の9月ごろから汗疱に悩まされていてこちらのブログをいつもみさせていただいています
    パッチテストでニッケルアレルギーと診断されおそらくそれが原因です
    私事なのですが今行っている病院は3つ目で皮膚科にアレルギー学会の先生がいる大学病院なのですがいつも通りステロイドを出されるだけで話もあまり聞いてもらえませんでした
    私の場合は足の指、裏に出るのですがどの先生にもひどい状態だね(歩けない時もあります)と言われるもののステロイドを出されるだけで根本的な解決策を提示してもらえません
    治したい、ステロイドはあまり効いている気がしないということは話しているのですが…
    もし秋山さんがよろしければ通っている病院を教えていただけないでしょうか?
    どこの病院かはこの記事でなんとなくわかったのですがもしまた間違えてしまって症状は悪化し続けるのは辛いので
    長文になってしまい申し訳ございません
    お時間のあるときにお返事を頂ければ幸いです

    • ヤマネコ
    • 2017年 8月 19日

    こんにちは
    最近金属アレルギーが発覚しました。メイクの記事、大変参考になりました!私は症状が軽いので、化粧品メーカーをひとつひとつあたる余裕がなく、メイクのかゆみは我慢して過ごそうかと思っていました。試してみます。とても助かりました。ありがとうございます。

    • メイクのかゆみ、辛いですよね。

      体調によって、アクセーヌもあう・あわないがあると思うので、気になるようでしたら、カウンターに行って、サンプルもらって使ってみたり、バンドエイド持参でカウンターで二の腕でパッチテストとかさせてもらってください! 

      私はよくバンドエイド持ってカウンターでアイシャドウとかパッチテストさせてもらっていますが、今まで断られたことは一度もないです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2013.4.16

金属アレルギーの包丁問題

金属アレルギーの人がすごく悩む、包丁。 私もすごく悩んでいます。 京セラのセラミック包丁が、一般的に使われているものだと思うのですが… …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る