エンジェル

Photoフランソワ・オゾン監督の作品、「エンジェル」を見ました。

内容(goo映画より)

1900年代初頭の英国。16歳のエンジェルは田舎町で小さな食料品店を営む母親と2人暮らしのつましい暮らしから目を背け、大時代なロマンス小説の執筆に情熱を傾けていた。やがて自らの出自さえ書き換えてしまうほどの類い稀な想像力と文才で一気に人気作家への道を駆け上がる。幼い頃から憧れていた豪邸パラダイスを買い取り、ノラという有能な秘書も得たエンジェルは、ノラの弟で孤高の画家エスメと恋に落ちる。

この映画を一言で語ると、
下層階級の娘が、ロマンス小説を書き、大ブレイク。大金持ちになり、愛する人と結婚したけれど、その先にあるのは、幸せな一生なのか!?
ということを、問うた作品だと思います。
たぶん、幸せに生きる生き方もできたのでしょうが、この主人公、夢の世界に生きてしまって、現実の世界に生きることができなかったことが、悲劇になったのでしょう。
環境にあわせて行かないと、本人も周囲も幸せでない。その環境にあわせられない、あるいは、あわせるのがイヤなら、その環境で生きるのをやめる。それが、幸せへの道。ということを、描いた作品だと思いました。
身につまされます。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る