(Lecture) 青山学院大学での講演

Photo_3GE時代の同僚の平尾さんが青山学院大学で教えていることから、「キャリアとマーケティング」というテーマで講演をさせていただきました。
私が学んだことが少しでも若い世代のお役にたてるなら...という気持ちで、大学での講演は無償だろうが有償だろうが、金額には全くこだわらずに積極的に引き受けております。
大学で講演をしていて思うのは、この数年で、女子学生の勢いがなくなったなということ。
10年程前までは、女子大をはじめ、大学での講演の際は、女子学生がとってもパワフルで(今でもパワフルな子はいるんですが)、帰りも一緒に帰りましょう!など、電車の中まで学生とわいわいお喋りをしながら、進路相談などを受けていたのですが... ここ最近の講演では「総合職になる意味が分からないので、一般職を希望しているんですが...」など、消え入りそうな声で質問をする女子が目立ち、心配になります。
一般職を目指すのが悪いのではなく、キャリアのオプションがあるなら、キャリアの幅を狭めない選択をして欲しいな...と思います。能力があるのに、「家庭との両立ができるかどうか分からない」と、やってみずに不安を持つよりも、挑戦してみて、ダメなら、楽な道を選ぶって、選択をして欲しいなぁと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る