最近使ってる基礎化粧品は、ロシアのナチュラルコスメ!

春になって、年度末・年度初めの仕事のピークで、忙しかったのと、コンサート続きで舞台メイクが多かったこと、季節の変わり目だったので、アトピーがひどくなって、お肌がボロボロ。

お化粧もままならず、「ファンデーションなんてぬれない!」という時期でした。

喘息の発作を起こして、ステロイドを使ったため、酷かったアトピーもやっと落ち着いた・・・ という、なんとも惨めな春でした。

ご参考のために。体調の悪かったこの2か月、ファンデーションは普段ほぼ塗ってないです。しっかり日焼け止めを塗って(アクセーヌ)、ルースパウダー(これもアクセーヌ)を薄くつけて、てかりを押さえて、そして、濃いめにチークを入れると、ファンデーションを塗っていなくても塗っていると思ってもらえるメイクになります!

そんなときは、アクセーヌの基礎化粧品のベースラインしか使わずに、ひたすら、肌が回復するのを待つのですが、やっとよくなってきました。

アトピーや金属アレルギー持ちで、季節によって肌の状態が変わる人には、「これだったら絶対大丈夫!」という基礎化粧品のラインがあることは、心強いですね。

で、少し調子がよくなってきたので、去年からはまっているシベリアのナチュラルコスメ、NATURA SIBERICA(ナチュラシベリカ)に基礎化粧品を戻してみました!

ロシア出張のときに、教えてもらったナチュラシベリカ

名前のとおり、シベリア産のハーブなどを使ったナチュラルコスメです。なんと、昨年12月に日本にも上陸したようです、日本でも買えるとは、つい最近まで知りませんでした(笑)

トナカイのミルクを使ったハンドクリームや、シベリアの雪解け水や火山灰を使ったボディスクラブ、シベリアにしかないロディオラロゼア、シベリア人参、アラリアマンシュリアン、チョウセンゴミシなどのハーブもたっぷり入っています。で、ナチュラルコスメなのに、意外とリーズナブルな金額なものが多いです。

ロシアでは物価が高いので、ロシアで買うと「ちょっと高くない?」と思うのですが、日本で買うと、他のナチュラルコスメと比較すると、リーズナブル感があります。(と言いながら、私は最初はロシアで買いましたが・・・)

敏感肌用のクレンジングフルイッド(ミルクじゃなくて、フルイッドなところがいい!)とエイジングラインの化粧水にプラスして、–57℃のシベリア平原でも枯れることのない植物スノークラドニアのエキスを主成分としたエイジングケアラインから、美容液とナイトクリーム(私は朝も使ってます)を使っています!

ICEA認定を取っている、ダウリアン ボディバターも最近お風呂上りに再開。

2種類のアダプトゲン、シベリア人参とロディオラロゼア、4種類の植物オイルを配合したボディバターで、浸透力抜群です。
香りもいいので、寝る前の気分転換にぴったりです。

アトピーが酷くなっていたので、ワセリンとお薬しか使えなかったんですが、やっとよくなってきたので、少し攻めのケアをして、この黒ずんだ跡をなんとかしよう!と思って、再開。

体調が悪いときは、ホントに最低限のケアしかできないんですが、こうしてよくなってくると、コスメもメイクも楽しめるようになってくるので、だいぶ楽しくなってきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2013.4.16

金属アレルギーの包丁問題

金属アレルギーの人がすごく悩む、包丁。 私もすごく悩んでいます。 京セラのセラミック包丁が、一般的に使われているものだと思うのですが… …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る