(Movie) レ・ミゼラブル

Photoユニバーサル100周年の目玉映画「レ・ミゼラブル」を見てきました。

内容(映画.comより)

ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、世界43カ国で上演されて大ヒットを記録した名作ミュージカルを、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、ア
ン・ハサウェイら豪華キャストで映画化。監督は「英国王のスピーチ」でアカデミー監督賞を受賞したトム・フーパー。舞台版プロデューサーのキャメロン・
マッキントッシュも製作に名を連ねる。パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた
司教に感銘を受けて改心する。やがて運命的な出会いを果たした女性ファンテーヌから愛娘コゼットを託されたバルジャンは、執念深いジャベール警部の追跡を
逃れ、パリへ。バルジャンとコゼットは親子として暮らすが、やがて激動の時代の波に飲まれていく。

ヒュー・ジャックマンがジャン・バルジャン、ラッセル・クロウがジャベール、アン・ハサウェイがファンティーヌ、
アマンダ・セイフライドがコゼット、アーロン・トベイトがアンジョルラス を演じるという、なんとも豪華キャスト。しかもTV CMなどを大量に打っているため、これは早く見なくては!と思い、公開翌日に見てきました。

アン・ハサウェイ演じるファンティーヌが見事に歌い上げる“I Dreamed a Dream”では、涙がぽろぽろこぼれてきました。アン・ハサウェイがここまで歌がうまいとは!! 本当に素晴らしいの一言に尽きました。この役を演じるためにかなり体重を落としたんだなぁと思うほどのやつれようですが、素晴らしい演技を最後まで見せていました。

ヒュー・ジャックマンは私がとっても好きは俳優で、ジャン・バルジャンを見事に演じてはいたのですが、歌が下手...で、かなりがっかり。歌が下手という点をのぞけば、すばらしい演技で、長いはずの映画をテンポよく進めていき、観客を魅了していたのは間違いありません。(私が声楽家なので歌の下手さに突っ込みを入れたくなるだけだと思うので、無視してください)

ラッセル・クロウも大好きなんだけど、えー、この顔でこの声の高さ!?と、あまりのミスマッチな声にちょっぴりがっかり。しかも、うたいながらだと演技が止まってしまうのかな? ジャベールの役だからかもしれません。押さえた中に爆発しそうなものを抱えているジャベールをうまく演じていたのは間違いありません。

ストーリーの流れがすごくよく、魂を揺さぶるような素晴らしいミュージカルでした。DVDは間違いなく買います!(もちろん、ヒューとラッセルの歌声に文句をいいながら見るのでしょうが)

(総合評価:★★★★★ 今年トップクラスの素晴らしいミュージカル! 見てないなら、すぐに見るべし!)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る