ポーラ美術館

Photo_2昨日の箱根ラリック美術館とはうってかわって、非常に見応えがあったのがポーラ美術館。なぜこんなところにこんな作品がっ!!と、日本美術だけでなく西洋美術も充実。ラリック美術館がイマイチだったので、期待をしていなかったというのもありますが、ある程度の期待でも満足できるだけの美術館だと思いました。
レオナール・フジタの「小さな職人たち」のエグジビションに圧倒。可愛い〜。ユーモアたっぷりで心が和みます。これをタイルばりのようにアトリエの壁にしていたというのだから、なんとも贅沢。
化粧道具「西洋の扇と女性のよそおい」展も非常に良かったです。
オリンピアの扇を探して苦労したからというのもあるかもしれませんが、私もこんな素敵な扇でオリンピアを歌いたい〜〜、と、叫びたくなるような素敵な扇がたくさん陳列されていました。扇の会話集も楽しかったです。
メインはやっぱり「佐伯祐三とフランス展」。ブラマンクやユトリロなどの交流によってフォーヴィスム(野獣派)に傾倒していく様が分かるように展示されているのがいいなと思いました。
見応えばっちりで、感激しました。また、行きたいです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る