【本】エゴスキューメソッドのその後

先日ご紹介した「エゴスキューメソッド」。ここで読んだので買ってみましたという友人からのメールが複数通。私の結果を待たずして買うところが、我が友人なり。
整形外科今年最悪の椎間板ヘルニア+座骨神経痛の患者が、エゴスキューとリハビリをがんばったらどういう結果になったか? 

5週間前: ぎっくり腰により、椎間板ヘルニア+座骨神経痛発症。自力で起き上がることもできず、寝返りも打てず、上を向いた状態でひたすら寝ていた。テレビも映画も本も漫画もまったく読めませんでした。


3週間前: 寝たきり状態から前進。家の中(しかしトイレまでの最短距離)までの歩行可能に。整形外科受診。整骨院でリハビリスタート。

2週間前: 歩行はかなり厳しい状態ではあるものの、仕事には復帰。エゴスキューメソッドをスタート。できないものも多いけれど、できるものも増えてきた。階段は上れるようになったが、降りられない ^^;;

   
1週間前: 寒くなってきたこともあり、一気に悪化。エゴスキューは続けていて、できるようになったものも多くなったけれども、両足の痙攣が酷く、時には歩行不能に。このころから、腰だけでなく、背中や肩にも影響が出てきて、頭痛に悩まされ始める。エゴスキューの腰プログラムだけでなく、足や肩のプログラムも導入。この週末には、1時間の歩行と、階段の上り降りの両方ができるようになった。

今週: 座骨神経痛に悩まされた日々。太ももの痙攣が一番辛い。これを乗り越えたら一気に治るかも!? と、儚い夢を持ちながらリハビリの毎日。さて、どうなることやら...

...こんな感じで、劇的によくなっているといろいろな方はおっしゃってくださいますが、やってる本人としては、朝起きてエゴスキューして、会社行って、会社から帰ってきたら、リハビリ行って、その後1時間歩いて、お風呂に入ってマッサージ、お風呂から出たらストレッチ...とやっていると、あっという間に一日終わってしまい、私は疲れ果てて、そのまま寝てしまっています。
きっと3ヶ月後くらいにエゴスキューが本当に良かったかどうか、ご報告できるのではないかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る