胃の中で蝶が舞う!?~ 動物を使った英語表現

イタリア人の友人とお茶をしていた時に、「イタリア語では、カエルを使ったイディオム表現が多いよね。例えば、『ingoiare il rospo(ヒキガエルを飲み込む=イヤなことを我慢する)』とか『Sputa il rospo!(ヒキガエルを吐き出せ=白状しろ)』とかあるよね~」と盛り上がりました。その流れで、「英語ではどうだっけ?」という話題に花が咲きました。

 

そこで、今日は、よく使う動物表現のご紹介です。

 

カエルが喉にいる!?

風邪をひいたときに、

I have a frog in my throat!

(カエルが喉にいる=声がガラガラ)は、冬の風邪がはやるシーズンでは、大変よく使います。

 

ウケないギャグを言われたときに、

Why did the frog cross the road?

(なんでカエルは道を渡ったの?=お前のつまらんギャグから逃れるため)

と言ったりもします。

 

胃の中で蝶々が舞う!?

緊張して、ドキドキするときは、

I have butterflies in my stomach.
(胃の中に蝶々がいる=不安でドキドキしている)

と言います。これも、スピーチや舞台の前に、よく使われる表現です。不安やドキドキを表現する時は、butterfliesは複数形で使われます。

 

蜂がブンブンまとわりつくから、とりつかれたイメージ!?

I have a buzzing bee in my bonnet about the new diet.

(新しいダイエットについてとってもこだわっている)

Have a been in one’s bonnet aboutで、~のことで頭がおかしい、~を思い詰めているという表現になります。

頭の上を蜂がブンブンとびまわって、まとわりついているイメージから、他の人にとってどうでもいいことでも、その人にとっては非常に気になっていたり、こだわっていることを表現するときに使います。

 

 

カタツムリは何処もノラリクラリの象徴

 

The deadline is looming, but I’m still moving at a snail’s pace.

締切が近づいているけど、のろのろペースでやっている。

仕事でこんな風に言われたら、切れそうになりますが、カタツムリが進む速度でやっているという表現にも、動物は出てきます。

電子メールがすぐに届くのに対して、従来の郵便のことを、snail mailとも言います。

Do you still use snail mail?

まだ従来の郵便を使ってるの?

というような言い方をします。

 

このほかにも、動物を使ったイディオム的表現はいっぱいあるので、「なんだこれ?」と思ったら、辞書をひいてみてくださいね。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.1

キャリアアップEnglishダイアリー

一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る