12月第5週:希望する給与の額について聞かれたとき

12月は、英語の面接対策です。第5週は、希望する給与の額について聞かれたときの表現を学びます。

“My current employer pays me … yen”(現在の勤務先では…円もらっています。)を使って表現してみましょう。
例)My current employer pays me 6 million yen. (現在の勤務先では600万円もらっています。)

 

MondayMy salary requirements are negotiable. (希望の給与は、ご相談させていただければと思います。)

TuesdayI’m look for fair market value for this position. (このポジションに関して、公正な市場価格を望んでいます。)

wedMy understanding is that a job like this one may pay in the range of 4 million yen to 5 million yen. (このような仕事に対する給与は400万~500万円くらいだと理解しています。)

ThurDo you have a range in mind? (どのくらいの範囲をお考えですか?)

fridayWhat is the salary range for similar positions in your company? (御社では同じくらいのポジションはどのくらいの給与水準ですか?)

 

質問者に対して質問を返すのはあまりいいとはされていませんが、先方がどのくらいを考えているのか聞くという方法もあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

  • 2015.4.5

    思考力Exercise9: 分野の掛け合わせで生み出す

    発想力は、無から生み出す場合と、あるものから作り出す場合の2つの方法があると書きましたが、私が最も得意としているのは、違う分野同士の掛け算をすることで新しい企画を作り出していく方法です。

  • 2015.2.1

    思考力Exercise 2: 旅行日程で目標設定と全体像をつかむ

    仕事を進めるうえで大切なのは全体像を把握し、その後で仕事を小さなパーツに分け、効率よく達成していく必要があります。今回は、目的設定をし、全体像を把握する訓練を、旅行プランの全体像を作るエクササイズを通しておこなってみましょう。

  • 2015.1.11

    提案力を鍛える

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには秘訣をご紹介。

ページ上部へ戻る