絵本:あめふりくまのこ

子どもに絵本を買うとき、季節を感じるものを必ず1冊は買うようにしています。

 

最近買ったのは、雨の日がちょっぴり楽しくなる「あめふりくまのこ」です。

子どもが生まれるまですっかり忘れていたこの曲、絵本になっていたんですね。

幼稚園の頃によく歌っていたのを思い出します。

 

♪おやまにあめがふりました~

と歌いながら、ページをめくって、娘と一緒に本を読んでいます。

 

梅雨でうっとうしい日が続いて、なかなか外遊びがたくさんできませんが、歌いながら読むと、娘もにこにこ。

 

優しいタッチの絵。

おかあさんクマに濡れた頭を拭いてもらって終わる最後。

ほんわかするだけでなく、安心できる母親の元に、子どもが戻っていくことの大切さを表現されているのが、とても気に入っています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2013.4.16

金属アレルギーの包丁問題

金属アレルギーの人がすごく悩む、包丁。 私もすごく悩んでいます。 京セラのセラミック包丁が、一般的に使われているものだと思うのですが… …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る