MITが「世界で最も革新的な50社」を発表──Googleは3位、Apple圏外

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の機関誌であるMIT Technology Reviewは、昨年の実績に基づく「50 Smartest Companies」(世界で最も革新的な50社)を発表したのですが、Appleはなんと圏外!

Familiar names such as Apple and Facebook aren’t on this list because reputation doesn’t matter. We’re highlighting where important innovations are happening right now.

AppleもFacebookも編集部としては、”Reputation”[評判)ではなく”Innovative”(革新的)かどうかで判断すると、圏外になるそうです。

1位に輝いたのは、ヒトゲノム解析の世界最大手であるIlluminaで、2位は、Tesla Motors、Googleは3位でした。

mit-50-smartest-companies

http://www2.technologyreview.com/tr50/2014/ より

 

日系の会社が全然入ってきていない反面、中国系の企業がTencent(11位)、Baidu(28位)、Xiaomi(30位)と3社入っていること。スマホ・アプリ系の企業は、相変わらず多いなという感じもします。

Google(3位), Samsung(4位),GE(17位), Siemens(24位),IBM(35位)の企業は個人的にずっと追いかけている企業ですが、今後はリストも見直そうかなと思いました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.30

新規事業を生み出す芸術思考とは何か? 

新規事業開発に創造プロセスが含まれていることを念頭におくと、芸術が創りだす創造プロセスととてもよく似ています。 米ハーバード大学のハワード・ガードナー氏の多重知能理論をベースとした「芸術思考」がどのように新規事業を生み出していくのか。その研究内容をご紹介いたします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る