シルク・ドゥ・ソレイユ サーカスを変えた創造力

Photo週末にコルテオを観に行くので、「シルク・ドゥ・ソレイユ サーカスを変えた創造力」を読む。

内容紹介(amazon.co.jpより)
日本初の常設劇場「シルク・ドゥ・ソレイユシアター東京」@東京ディズニーリゾートついにオープン!
日本完全オリジナル・ショー『ZED(ゼット)』誕生!その製作現場と活躍する日本人の素顔までをも徹底取材。世界を魅了するサーカス集団の全貌が今、明らかに。
どんなに優れた技術やビジネス戦略を投入したとしても、最終的に判断されるのは「ヒューマンパフォーマンス」、つまり人間の肉体が生む表現力だ。その可能性がどこまで続くものなのか、そしてそれを支える創造力がどこまで広がるものなのかを、彼らは限りなく求めているのではないだろうか。(第5章より)16年間の取材で、著者がたどり着いた「シルク・ドゥ・ソレイユ」の真の姿とは?

実はZEDを観た直後にこの本を買っていたのですが、他に読むべき本や読みたい本があって、後回しにされておりました。
シルクドソレイユの強さの秘密が明かされていて、非常に面白い本でした。特に、イノベーションとビジネスを成り立たせる点は、一般企業に勤めている私にも示唆深い。また、人材開発やマネジメントの点は、なるほどと思いました。
タレントをスカウトしてくるところや、オーディションのくだりは、プロの厳しさを突きつけられた気がします。現在、コンクール真っ最中なので、人ごととは思えず、ドキドキしながら、本を読み進めました。
創造力を追求しながらもビジネスとして成立させるそのすごさを知りたい方にはおススメの1冊です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る