高野優梨さんとお食事

ちょっと前から高野さんのところのパーソナルスタイリストサービスにかえたのですが、高野さんがNYでのお仕事をメインに最近されていたので、なかなかお会いできずにおりました。帰国中という連絡があり、やっとお食事をすることができました!!
着ていらっしゃったお洋服がとても素敵で、思わず、「それ、どこのですか!?」と尋ねてしまったほど、素敵な装い。最近、服装を変えているので、今までのブランドが使えなくなり、ブランド発掘中なので、人の服装とブランドがとても気になっています。
高野さんとも話していたのですが、仕事で洋服が占める割合というのは、実はかなり大きいのではないかということ。特に女性の場合はビジネスにおいて服装というのは、男性のようにはっきりとしたルールがあるわけではないので、とても難しいと思います。
女性経営者の方々や大手企業の女性エグゼクティブの方々とお会いする度に、最近服装研究をしているのだとお伝えすると、皆さん口を揃えて「なかなかいいブランドが無いのよね〜」と、おっしゃいます。
私が最近愛用しているのがYoko D’or(ヨーコ ドール)。比較的リーズナブルな金額で扱いやすい素材でフェミニンなのにしっかり見えるお洋服。
とはいえ、ヨーコ ドールだけで事足りるわけではなく、今まで着ていたものをお直しに出して若干ラインを変えたりしながら、スタイリストサービスを使って、ブランドを探してもらっています。
自分でいいかなと思って買ってみたけれど着なかった、似合わなかった、ということが激減するため、そして、探しまわる手間を考えると、実はスタイリストサービスを使った方が、洋服の数も減るし、ムダな出費も減るということを教えてくれたのは、友人の勝間和代さん。初めて使ったサービスを紹介してくれたのも彼女で、本当にいいことを教えてもらったなぁと思います。
最近はこのサービスを利用している方も結構多いようで、高野さんは3ヶ月待ち。自分の分身を作りたいとおっしゃっていましたが、経験の一部はマニュアル化できても、すべての経験もセンスもマニュアル化できない職業のため、なかなかマスプロダクション化は難しそう。それでも、学校を作り、もっともっと多くの方に活用してもらえるようにしたいとおっしゃっていた彼女の笑顔は輝いていました。
素敵な人のそばにいると、素敵を分けてもらえるかも!?


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る