タイムマネジメントがうまくなりたいけど、どんな手帳を買えばいい?

新年を迎えて、今年こそタイムマネジメントをうまくしたい!と思っています。

手帳コーナーを見に行くと、たくさんの手帳がならんでいて、どれを選んだらいいかわかりません。

秋山さんは、いつ寝ているのか分からないくらい活動的ですが、どういう手帳を使っているのですか? 是非教えてください。

(20代、女性、営業職)

A

carrie

手帳は自分のライフスタイルと目的に合わせて選ぶといいと思います。

お店に行くと、いろいろなタイプの手帳が売っていると思います。大きくわけて、1か月が俯瞰できるマンスリータイプ、1週間が俯瞰できるウィークリータイプ、日記やライフログとして使いやすいデイリータイプがあります。自分が1週間を俯瞰したいのか? 1か月を俯瞰したいのか? それとも日々の出来事を書き綴っていきたいのか? どんな目的で使いたいのかで、買うタイプが分かれると思います。

また、ウィークリータイプでも、週間バーチカルタイプと、週間レフトタイプがあります。スケジュール管理をしっかりやりたいならこの週間バーチカルタイプに勝るものは無いでしょう。私は、スケジュール管理は、20代からずっと週間バーチカルタイプを使っています。バーチカルを選んでいるのは、週間レフトタイプだと、書く場所が狭すぎて、書ききれなくなること、隙間時間がどこにあるのかパッと見つけにくいことです。

 

24週間バーチカルタイプも、クオバディスMark’sなど何種類か使ってきましたが、ここ数年は、伊東屋の24時間バーチカルタイプを使っています。

24時間タイプを選ぶようになったのは、海外とのやりとりが多く、時差の関係で、早朝と夜中の電話会議が多いため、24時間表記でないと「書く場所がない」というのが一番大きいです。

2つ目の理由は、土日もしっかり24時間枠がとってあります。土日にコンサートが入っていたり、イスラム圏との仕事が増えてくると会議が入ったり(イスラム圏は土日が休みではないのです)、お友達や家族との約束など、いろいろとあるので、土日もしっかりと24時間枠が欲しいのです。

土日を1列にして、時間すら区切らない手帳が増えてくる中、この土日も24時間枠がしっかりあるというのは、私にとって理想の手帳です。

愛用しているエルメスの手帳カバーにも入るサイズなので、カバーはエルメスを使っています。

 

 オレンジエアラインスケジュール管理以外に、ロシア語の勉強のため、オレンジエアラインの週間レフトタイプを使っています。中身がシンプルなのに、表紙は女子をやる気にさせるカワいいのが多いのも私が愛用している理由です。

できるだけ毎日、ロシア語で数行の日記を書いています。レフトタイプを使っているのは、電車で移動時間に数行のロシア語の日記を書き、1週間まとめて、ロシア語の先生に添削をしてもらいます。その時に、注意すべき文法や、使い方が不自然な表現をより自然にする方法などを、右側のメモ欄に書いています。それを1週間に1回、別のノートにまとめて覚えることをしています。そのノートは、カバーの内側に挟んで、自作簡易文法書のようにしています。移動中に分からないことがあると、そこを見ればいいので、復習にもなるし、けっこう便利です!

オレンジエアラインを使っているのは、1年3か月の手帳という1年以上の長さだからです。仕事が忙しすぎたり、「もうロシア語なんてできないっ!」と挫折する日もありますが、1日、2日飛ばしてしまっても、1年前を見ると、ぜーんぜん表現できなかったことが1年経つと表現できるようになっているので、「1年3か月」っていい長さだなと思っています。

 

モレスキン星の王子様3つ目に使っているのが、モレスキンの星の王子様 Weeklyタイプです。昨年まで、Mark’sのEDITを使っていたのですが、1日1頁のライフログを書くほどの内容が無かったので、今年はWeeklyに変えてみました。ここには、仕事での学びとか、悩んだこととか、面白かった小説とかセリフとかを記しているいわば日記帳です。

Holidays and eventsのページには、この1年をどう過ごしたいかという年間計画を書き込みました。

昨年まではEDITのマンスリーのページに、今年1年こうなっているといいなぁという私の妄想の1年を書いていたのですが、今年は、もっとアドホックに生きてみようと、理想の1年を描かず、年間計画だけにしたので、Editでなくてもいいかなと思い、変えてみました。

 

 

 私も毎年試行錯誤しています。しばらく続けてみて、ちょっと違うなと思ったら変えてしまいますし、何年間も使っていたけれど、「だんだん自分の使い方には合わなくなってきたな」と思うケースもあります。そうすると、今年みたいに変えてしまうこともあります。

「これ気になるな」と思ったら、自分なりの手帳の使い方ができるように、やってみてはどうでしょうか。やってみて、「やっぱりちょっと違うな」と思ったら、4月に替えればいいのです!

 

onayami_toko

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る