10月第1週:お天気について話すときの表現

10月の第1週は、お天気について話すときの表現です。

どんな会話をしていいか分からないとき、お天気について話すのはどんな場面でも使える手です。

“It is…”(今日は…)を使って、今日のお天気を表す文を書いてみましょう。

例) It is very sunny today. (今日はとてもお天気がいい)/It is nice and warm. (とても温かいですね)

MondayBeautiful day, isn’t it? (とってもいいお天気ですね)

TuesdayWhat a nice weather! (とってもいいお天気ですね)

wedThe wind is chilly. (風がひんやりしていますね)

ThurIt’s extremely hot today. (今日はとっても暑いですね)

fridayIt’s dreary weather. (今日は陰鬱な天気ですね)

SatIt’s very cold this morning. (今朝はとっても寒いですね)

SunThe rainy season has set in. (梅雨に入りましたね)

 

こんなふうにも・・・

★ It might even snow. (ひょっとしたら、雪かもしれないですね。)

★ The forecast calls for snow. (天気予報では雪だそうです。)

★ There’s going to be a thunderstorm. (嵐になりそうです。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.2.15

    思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

    全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

  • 2015.1.24

    英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

    いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

  • 2015.1.1

    キャリアアップEnglishダイアリー

    一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

ページ上部へ戻る