たけいみき著: お姫様になれる本

以前から大好きなイラストレーター たけいみきさんが「お姫様になれる本」を出版されました。たけいみきファンとしては、「これは絶対買わなきゃっ!」と、発売を楽しみにして、手元に届くのをワクワクして待っていました。

 

たけいみきさんの描く世界が大好きで、2012年に彼女にお会いする機会があって、私のイメージ画を書いていただきました。その絵をレターヘッドとして今でも愛用しています。「(Art) たけいみきさんに、私のイメージ絵を描いていただきました!」と、当時ブログでもご紹介しましたね。(どんな絵か気になる方は、リンクをクリックしてみてくださいね!)

 

たけいみきお姫様になれる本この本は、たけいみきさんの絵がオールカラーでたくさん載っていて、とっても「かわいい」です。見ているだけで癒されます。そして、私の大好きな大好きな物語シリーズからの絵や、たぶん今回のために書き下ろしたであろう絵が載っているので、ファンにとっては「この金額でこんなにたくさん絵を載せてくれてありがとう~~」となるでしょう。

 

いくつかの書評で中身が薄いと指摘されていますが、中身が薄いかどうかを決めるのは読んだ人次第だと思います。この「絵」をそばに置きたいと思っている人にとっては、(私のような たけいみきファン)1冊の本にたけいみきワールドが詰まっていることが何よりも大事。

 

かわいい世界に浸りたい女性にはもちろんのこと、日本人女性が「かわいい」と連呼する世界がここに詰まっていることを勉強したい殿方にも是非手にとっていただきたいです。「かわいい」ものには、本人が幸せになれるだけでなく、周囲に対しても優しく世の中を愛おしむ感情を湧きあがらせてくれる。だから世界に日本のkawaiiが広まっていくんじゃないかと思っています。そのポイントがいったいどこにあるのか。日本が誇る「かわいい文化」を追求しているたけいみきさんが説く「かわいい」に、そのヒントが隠されていると思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る