海外ドラマの「スキャンダル 託された秘密」にはまっています

昨年、映画やテレビの話題が少ないねと、友達から指摘されたのですが、ブログやFacebookに書いていないだけで、相変わらずテレビっ子をやっています。

特に、4月が始まったので、今クールのドラマを見るのに、これからとっても忙しくなりそう(笑)。

 

さて、昨年は海外ドラマでリーガル・サスペンスの「Good Wife」にはまったのですが、今年は、ポリティカル・スリラーの「スキャンダル 託された秘密」にはまっています。選挙に勝たせるための広報をはじめ、フィクサーとして動く話が面白い。

 

ワシントンDCで選挙参謀をやっている学生時代の友人がいるのですが、彼女によると、相当リアルな話らしく、彼女が大絶賛していたのですが、ようやく見始めたのですが、即はまりました(笑)。

 

とはいえ、ホワイトハウスの恋愛沙汰とかは、面白くないという人も出てくるかも?

 

Good Wifeは、企業の中でどうやって勝ち残っていくか?というキャリアウーマンならではの視点で楽しめたのですが、このスキャンダルに関しては、スキャンダルを楽しむという点以外、キャリア的な学びはあまりないので、仕事に役立つドラマかと聞かれると答えはNOです。

 

しかし、ドロドロとしたスキャンダルをどうやって揉み消すか、リクスマネジメントの観点から見て、「へー、こんなことをやっている人もいるのねー、で、日本にはどこにいるんだろうねぇ」という風にみるのは、面白いです。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る