アウェイ・フロム・ハー

Photo_2アルツハイマーを煩った妻と、それを支える夫を描いた「アウェイ・フロム・ハー」。

内容(goo映画より)

フィオーナとグラントは結婚して44年。かつて大学教授時代には教え子との浮気でフィオーナを苦しめたグラントだったが、結局は妻のもとに帰り、今は仲睦まじく湖畔の家で暮らしていた。ところが、フィオーナにアルツハイマー型認知症の症状が現れ始め、彼女は自ら介護施設への入所を決める。面会に訪れたグラントはフィオーナが自分を認識できず、車椅子の男性オーブリーと親密に過ごす姿を目の当たりにする。

最初はうっかりと思えるようなアルツハイマーの兆候。しかし、外出先から戻れなくなった時、彼女は自分の病気を受け入れて、施設に入ることを決め、施設に入ります。そして、そんな妻に面会に訪れたときに、妻は夫を忘れ、他の男性に恋している... 記憶にまつわる病気だからこそ起こりうる出来事(これが悲劇かどうかは分からない)。
彼からしてみると、彼女がどんどん遠い存在になるから、アウェイフロムハーというタイトルにしたのでしょうか。
老夫婦の愛とは、結局、お互いを許し合うことなのだろうと思いました。
君に綴る物語とは少し違うのは、2人の関係というよりは、監督の意向なのか、もっと大きなメッセージ(政治的な意味も含めて)があるように思いました。
自分はどのように年を重ねるのだろうか? 
最近、「年を重ねる」ことに非常に興味があり、未来は分からないから未来なのだけれど、未来をより良いものにしたいと思いながら毎日を過ごしています。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る