ノワゼーへ向かう道

PhotoPhoto_2プーランク没後50年を記念したコンサート、「ノワゼーへ向かう道」を聞きに行きました。

今回は偽りの婚約全曲演奏が目的です♪♪

お話 エディット・セリグ(パリ・エコール・ノルマル音楽院教授)

出演 荒木聡子 駒井ゆり子(ソプラノ) 及川尚志 (テノール)市川景之(ピアノ・お話)

曲目

プーランク 動物詩集

シャブリエ 蝉 小さなアヒルのヴィラネル
サティ ジムノペディ第1番
ドビュッシー 海は伽藍よりも美しい パリ女のバラード
ラヴェル マラルメの3つの詩
プーランク その優しい顔 矢車菊 グルヌイエール島 宴に行く輩たち
歌曲集「戯れの婚約」 歌曲集「クルト・パイユ 藁のくじ引き」

プーランクの多くの作品に、「ノワゼー」と書いてあるのですが、プーランクがそこにお城を買って、別荘にしていたところ。

ノワゼーってどこだろう?

コンサートの前に、お茶する時間があったので、検索(笑)

トゥール郊外にある村で、かなりのんびりとした感じのところのようです。

私、こんなのんびりとしたところに住んだら、仕事せずにぼーっとして1年が終わっちゃいそう。

コンサートは、エディット・セリグ女史のお話からスタートし、彼女がラジオフランス時代にマラルメのお嬢様がレコーディング技師で、「パパはそんなこといってない、パパは・・・、パパは…」とパパを連発したお話とか、小話もいっぱいあって、勉強にもなるし、ちょっぴりユーモアもあって、楽しめました。

駒井ゆり子先生の偽りの婚約はすばらしくて、普段セクシーだとは思ったことがないのですが(失礼!)、なまめかしくて、見つめられたらドキドキしちゃって(私だけを見ていたわけじゃないと思うんですけど、こっちを見ているように見えた!)、思わず目をそらしちゃったほど。

プーランクとプーランクに影響を与えた音楽家たちのたくさんの歌曲を聞けて、幸せな午後となりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る