明日を担う音楽家による特別演奏会

Photo駒井ゆり子先生が出演されているので、文化庁芸術家在外研修(新進芸術家海外研修制度)の成果「明日を担う音楽家による特別演奏会」を観に行ってきました。事業仕分けで思いっきりカットされたものの1つと聞いているので、来年度以降はどうなるのかしら...と、音楽をやっている人の間では結構話題な事業です。
やはりいろいろな声の方が歌うコンサートは楽しいです。また、イタリアものから、フランス、ドイツ、アメリカものまで、本当に様々な曲が盛り込まれていて、とても楽しめるコンサートでした。
ゆり子先生のミカエラは、まったくの悪女ではなくって、そんなに可愛い、素直なミカエラでいいんですか!?と、思ってしまいました(後日、ミカエラの悪女ぶりは好きではなく、1幕の歌からだから悪女すぎなくってもいいよね、と、思って歌ったそうです)。性転換ありのティレジアスは、すごく面白くって、フランスものはやっぱり面白いなぁ〜と思いました。今、フランス物をいろいろと勉強中なので、わくわくします。

■出演
ソプラノ:石上朋美、駒井ゆり子、田口智子、吉田珠代、鷲尾麻衣
メゾソプラノ:小野美咲
バリトン:町 英和
バスバリトン:大塚博章
テノール(ゲスト):塚田裕之
バリトン(司会):成田博之
指揮:現田茂夫
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
■予定プログラム
グルック:『オルフェオとエウリディーチェ』より“おいで、君の夫についておいで”
モーツァルト:『コジ・ファン・トゥッテ』より“岩のように動かずに”
ヴェルディ:『エルナーニ』より“エルナーニ、一緒に逃げて”
     『リゴレット』より“悪魔め、鬼め”
     『トロヴァトーレ』より“わかったか 夜が明けたら…”
プッチーニ:『蝶々夫人』より“夕暮れは迫り”
グノー:『ファウスト』より“宝石の歌”
ビゼー:『カルメン』より“母のたよりを聞かせて”
オッフェンバック:『ホフマン物語』より“お前はもう歌わないのか”
プーランク:『ティレジアスの乳房』より“いいえ、だんな様”
バーンスタイン:『キャンディード』より“きらびやかに着飾って”
ワーグナー:『ラインの黄金』より“避けよ、ヴォータン!避けよ!”
     『ワルキューレ』より“さらば 大胆で輝かしき娘よ!”


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る