Never Gone

Bad大好きなBack Street Boysが4年半ぶりにアルバム”Never Gone”を出したので、早速購入しました。96年のデビュー当時から大ファンで、アルバムのリリースを心待ちにしていました。大きなイベントがあるときには、必ずBSBの曲が隣にありました。BSBの曲を聴くたびに、その時の思い出が蘇ってきます。幸せだったこと、辛かったこと… いろいろあったなぁ…

今回のアルバムは、完成度が高く、BSBも大人になったな、同じだけ私も年を取ったんだなぁと、しみじみ思いました。

Kevinが父親の死を越えて作った”Never Gone”を聞きながら、ここ数年、大事な人を立て続けに亡くして、ひとりぼっちになってしまったと思う寂しさが、溶けていくように感じました。時折、たまらなく辛くなることがあるのですが、がんばって乗り越えていこうと思えました。

歌で人の心を癒せる力はBSBのすごさだと思います。同じ歌う人間として、心に響く曲を生みだせるようになりたいと思いました。

BSBのハーモニーの美しさは変わらず、さらにパワーアップしていたので、ブランクを感じさせないほど。アルバムを出してくれてホントにありがとう。
(総合評価:★★★★☆)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る