スターになった男

Photo友人の宗村蔵人さんが主演、友人のまこやまさんスチール哲平さんが出演中の劇団漂流船の舞台「スターになった男」を観てきました。
昨年秋に旗あげをした新しい劇団の2回目公演ということで、ちょっぴり期待。宗村さんは、今回、脚本を書くのもお手伝いしたとかで、しっかりお名前が載っておりました。また、脳しんとうを起こされた後だというのに、きっちりした演技で、さすがプロ!と感激いたしました。
前座は前回と同じく「まこやま市役所」改め「風物師」(西宮七海さんが抜けて、まこやま、スチール哲平、モンモンちゃんの3人のコンビ)。前回よりも若干マシになったといえ、1回目と同じネタを使ってどーする!?と、突っ込みたくなりました。
#舞台終了後に本人達直撃して、突っ込んでいた人は私です、はい(笑)
前座はとってもお寒くって、舞台の方までホントに心配になってしまいました。
が、舞台はかなり面白かったです。ちょっと長かったこと(2時間もパイプ椅子だと、お尻が痛くなります)、そして、物語がかなり複雑で、夢か現実か分からず、落ちはいったいなんだったんだ!?と、帰りしなに議論になるほど、だったのですが、キャラが際立っている人が多くて、後からゆっくり考えると、すごく良かったです。
まこやまさん演じるプロデューサーがすごく良かった。まこやまさんはお笑い芸人さんよりも、俳優に転向した方がいいのではないか!?(大きなお世話ですね、私が言うのは)と思うほど、はまっていて、すごくリアリティーもあるし、「いやな奴」の演技が良かったです。まこやまさんがこんなに演技派とは知りませんでした。
加藤貴博さん演じる司会者もものすごくいい味を出していました。前回の「涙の芸人ブルース」のときもすばらしいと思いましたが、今回は、おかま役がとっても似合っていて、とっても華のある役者さんだと思いました。このかたもお笑い芸人さん(ジパング上陸作戦の相方)なので、笑いをとるのはもちろんうまいのでうが、シリアスでもいけるところが、すごいです。体はあまり大きくないけれど(前回出待ちをしていたときにお会いしたときにあまり大きくない人なんだなーと思いました)、存在が大きい。そんな役者さんです。
今回の助演男優賞は、モリト役を演じた竹野聡さんではないでしょうか!”ある障害者を持った男がいつの間にかスターになってしまう”というストーリーで要となる障害者役をされた方。その勉強しつくされた演技に、驚きと同時に、このかたの努力と才能を感じました。帰りの電車の中でも、彼の演技がぴか一だったと、話題の人でした。
最後に、友人の宗村蔵人さん。前回は、刑事役であまり出なかったのですが、今回は最初から出ずっぱり。最後の長い台詞を噛まずに言い切るのは、すごい!シリアスな役がはまっていて、いい役者さんにどんどんなっていっているなーと思いました。
すごく楽しい舞台でした。しかも満席で、中はむんむんとした暑さで、劇団の方々の熱気も伝わってきました。これからも楽しみな劇団です。
(総合評価:★★★★☆ 第三回公演も楽しみにしています!)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る