英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(2)

英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがありますと、「英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(1)」で書きました。今回は、Feelings(感覚、感情)の表現です。

昨日も書きましたが、FeelingsとEmotionsは似ていますが、Emotionの方は、触って確かめることのできないものや具体的でないもの、Feelingsは触ることができたり具体的なものを指しているケースが多いです。

それでは、Feelingsの表現を見ていきましょう。

肯定的な感覚・感情

  • Happy (幸せな、幸福な、うれしい、満足して)
  • Well (調子が言い、健康である)
  • OK (大丈夫で、オッケーで、うまくいって)
  • Very well (とても良い)
  • Clean (欠点のない、きれいな)
  • Strong (強い、丈夫な、精神力がある、有能な、説得力のある、激しい)
  • Beautiful (美しい、素晴らしい)
  • Excited (興奮した、ワクワクした)
  • Attractive (魅力的な、感じのよい、人を惹きつける、色っぽい)
  • Handsome (ハンサムな、顔立ちのいい、気前のいい)
  • Gorgeous (見事な、豪華な、カッコいい)
  • Intelligent (知的な、詳しい、合理的な)
  • Smart (利口な、頭の回転が速い、気が利く、粋な、活発な)
  • Better (~より良い、~より望ましい、上手な、優れた)
  • Agreeable (喜んで同意する、好ましい、気持ちの良い、心地よい、愛想の良い)
  • Brave (勇敢な、派手な、肝がすわって)
  • Calm (静かな、穏やかな、冷静な、落ち着いた)
  • Delightful (楽しい、嬉しい、愉快な、快活な)
  • Eager (~を切望した)
  • Gentle (優しい、寛大な、穏やかな)
  • Jolly (陽気な、上機嫌の、すてきな)
  • Joyful (うれしい、楽しい、喜んでいる)
  • Kind (優しい、親切な、思いやりのある、~に理解のある)
  • Nice (良い、素晴らしい、すてきな、快い、上品な、親切な)
  • Sweet (優しい、思いやりのある、親切な、快活な、感じの良い、気持ちの良い)
  • Proud (誇りに思う、自尊心がある、尊大な)
  • Faithful (信頼できる、誠実な、まごころを尽くす、裏切らない)
  • Optimistic (楽観的な、予測が甘い)
  • Loving (愛情がある、愛情のあふれた)
  • Open (隠し事をしない、率直な、公平な、偏見のない)
  • Understanding(思いやりがある、理解力がある)
  • Reliable(信頼できる、頼りになる)
  • Amazed(驚いた、びっくりした、あっけにとられた)
  • Great(巨大な、主要な、医大な、素晴らしい)
  • Lucky(運のいい、幸せものの)
  • Fortunate(幸運な)
  • Festive(はなやいだ、陽気な、浮かれる)
  • Cheerful(陽気な、愉快な、快活な、元気のいい)
  • Moody(気分の変わりやすい、気まぐれな、気分屋の)
  • Playful(ふざけたがる、冗談の、からかうような)
  • Animated(生き生きとした、快活な)
  • Wonderful(すてきな、不思議な、素晴らしい、見事な)
  • Thrilled(ワクワクした、興奮した)
  • Supportive(支持する、支援する)
  • Serene(穏やかな、静かな)
  • Free(自由な、伝統にとらわれない)
  • Engrossed(没頭した、夢中になった)
  • Involved(関係した、巻き込まれた、関わり合いになった、込み入っている)
  • Warm(暖かい、友好的な)

否定的な感覚・感情

  • Angry(怒って、憤って)
  • Sad(悲しげな、悲しんでいる、残念な)
  • Hungry(空腹な、ハングリー精神のある、渇望して)
  • Cold(冷たい、薄情な、客観的な、感情が制御されたように見える)
  • Hot(暑い、激しい、怒った、ひりひりする)
  • Chilly(冷淡な、不気味な、ぞっとするような、ひんやりする)
  • Thirsty(切望する、強く望む)
  • Sick(病気の、気がめいった、落ち込んだ)
  • Tired(疲れた、うんざりした)
  • Weak(意志の弱い、元気のない、育児の無い)
  • Disgruntled(不機嫌な、ムッとした、不満を抱いている)
  • Terrible(とても深いな、極度の、ぶざまな、恐ろしい)
  • Dreadful(恐ろしい、ひどく愉快な)
  • Dirty(汚れた、みだらな、下品な、悪意のある、好ましくない)
  • Ugly(醜い、不細工な、卑劣な、深いな、嫌な)
  • Defeated(敗れた)
  • Embarrassed(恥ずかしい、きまり悪い、当惑して)
  • Stupid(バカな、頭の悪い、愚かな、みっともない)
  • Dumb(頭が悪い、アホな、間抜けな、常識のない)
  • Foolish(愚かな、分別のない、中身のない、つまらない)
  • Silly(愚かな、バカげた、くだらない、たわいない)
  • Hurt(けがをした)
  • Nervous(緊張した、神経の高ぶった、神経質な、臆病な、気が小さい)
  • Scared(おびえた、怖がる)
  • Evil(不道徳な、不吉な、よこしまな、悪魔のような、悪意のある)
  • Bashful(恥ずかしがり屋の、内気な、人見知りをする)
  • Pessimistic(悲観的な、厭世的な)
  • Sadistic(サディスティックな、加虐的な)

ここに出てくる単語を使うと、いろいろな感情が表現できるようになります。

例えば、I was nice to my colleges. (私は同僚に優しくした)I am lucky! I got a big bonus! (私はラッキーだ。たくさんボーナスが出た!)I am hungry for learning! (知りたい!)などの表現もここの単語を使うと書けるようになりますよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る