英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(3)

英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがありますと、「英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(1)」で書きました。今回は、Tone(色調、調子)です。

英語のライティングにおける”トーン”とは、書き手が読み手に、特定の感情を引き起こすものです。表現内容というよりは、表現方法と言われています。

ちょっと難易度が高いと思うので、どんなトーンで自分が今日日記を書いているのか、意識してみるのが第一歩。だんだん慣れてきたら、トーンの表現を使ってみましょう。

肯定的なTone(トーン)

  • Fresh(新鮮な)
  • Bold(勇敢な、大胆な)
  • Happy(幸せな、幸運な)
  • Devoted(献身的な)
  • Loving(愛情がある、愛情の溢れる)
  • Sympathetic(共感する、賛同する、同情の念を抱いた)
  • Believing(信じる)
  • Supportive(支援する、支える)
  • Enlightened(見識のある、啓発された、悟りに達した、正しい知識を持った)
  • Clever(利口な、賢い、器用な、機敏な)
  • Involved(関係している、打ち込んだ、込み入った、ややこしい)
  • Intent(集中した、没頭した、断固とした、決意が固い)

否定的なTone(トーン)

  • Sarcastic(皮肉な、辛辣な)
  • Narcissistic(ナルシスト的な、自己陶酔的な)
  • Sardonic(冷笑的な、ちゃかすような)
  • Mysterious(神秘的な、謎めいた)
  • Obnoxious(反抗的な、感じの悪い、醜悪な)
  • Foolish(愚かな、分別のない)
  • Disgruntled(不満な、不機嫌な)
  • Hurtful(有害な、傷つける)
  • Irritated(イライラした、刺激された)
  • Outraged(憤慨した、激怒した)
  • Alarmed(恐れて、心配して、驚いて)
  • Startled(ビックリして、愕然として)
  • Horrified(恐怖に襲われた)
  • Annoyed(イライラして、悩んで、困って)
  • Secretive(秘密主義の、内緒の、隠したがる)
  • Quizzical(いぶかしげな、からかうような、奇妙な)
  • Guilty(有罪の、犯罪的な、後ろめたい、やましい)
  • Disbelieving(信じられない)
  • Cautious(用心深い、注意深い、控えめな)
  • Calculated(計画的な)
  • Purposeful(意図した、目的がある、決然とした)
  • Sad(悲しげな、悲しそうな)
  • Bitter(苦々しい、悲痛な、冷酷な)
  • Angry(憤慨して、怒って)
  • Resentful(憤慨している、怒りっぽい)
  • Remorseful(後悔して)
  • Dull(退屈な、面白くない、つまらない)
  • Dreary(退屈な、つまならない、悲惨な)

 

日記では、こんな風に使います。

She was so sarcastic lately. (彼女は最近嫌味っぽい)

I am trying to be social. (私は人付き合いをよくしようとしている)

ここに出てくる表現は、英文履歴書でも使える単語が多いです。

ちょっと難易度が高いかもしれませんが、是非挑戦してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

  • 2015.2.1

    思考力Exercise 2: 旅行日程で目標設定と全体像をつかむ

    仕事を進めるうえで大切なのは全体像を把握し、その後で仕事を小さなパーツに分け、効率よく達成していく必要があります。今回は、目的設定をし、全体像を把握する訓練を、旅行プランの全体像を作るエクササイズを通しておこなってみましょう。

  • 2015.1.1

    キャリアアップEnglishダイアリー

    一年の計は元旦にあり。 今年こそは、キャリアにつながるスキルを身につけたいと考えている方へ。今年は英語で日記をつけてみませんか? この連載は、毎日英語で1~2行の日記をつけるお手伝いをするものです。

  • 2015.3.26

    私の読書術(2):手を抜いて年間800冊の本を理解する

    積読ばかりで「早く読まなきゃ」とストレスをためるよりも、手抜きをしながら、本の内容を身に付ける「サマリー」を活用した読み方をしてみませんか?

ページ上部へ戻る