valued? valuable customer? どっちが正しい?

友人とカフェに行った時に、”Dear Valued Customers”で始まるお願い文が、テーブルの上にありました。

それを見た友人から、「valuable customersじゃないの?」と聞かれ、「どっちでもあっているよ」と言ったところ、valued customersとvaluable customersの違いがあるはずだと言われ、考えてみました。どちらも、大切なお客様という意味になりますが、よく考えると若干違いがあります。

Valued には、「相手側から評価された」というニュアンス。

一方、valuableは、「こちら側にとって有益」というニュアンス。

したがって、お願い文となると、valued customerと表現したほうがいいかもしれませんね。

 

このお願い文の中で、”Thank you for your continued patronage” という表現もありました。”ご愛用いただきありがとうございます”という意味で使われています。これもなぜcontinuedなの?と議論になりました。patronageではなく、ビジネス文書でよく使うsupportで考えてみましょう。

ビジネス文書で、「いつもご支援ありがとうございます」というときも、continued supportと使うのが一番自然です。

Continued (断続、意図的に続けるというニュアンスはない)

Continuous  (連続、絶え間なく止まらないというニュアンス)

supportは、意図的に続けられるものではないですし、また、succuess(成功)も意図的に続けるわけではないので、continuedの方が自然となります。

 

似たような表現ですが、どちらがより自然なのか? これを意識してみると、英語の表現がずっと自然に

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.1.18

    全体像を捉える

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方を学んでいきます。

  • 2015.1.2

    英語で感情を表現するときによくつかう形容詞(1)

    英語で感情表現をする形容詞には、3つのカテゴリーがあります。 Tone (色調…

ページ上部へ戻る