アラサ―女子に蔓延する低体温! その解決法は?

極度の冷え症の私。小さいころから体温が低く、風邪をひいてもそんなに高熱になることがなかったので、「ま、いいか」と気にしていなかったんですが、最近女性誌やテレビでも、”低体温症”という言葉を聞くようになりました。

特にアラサ―女子に増えているとのことなんですが、みなさん冷え症対策ってされていますか?

おすすめの解消法があれば教えてください!

A

  • carrie私も20代の頃は35度前半、ひどいときは34度台という低体温症でした。
    風邪はひきやすいし、すぐ変な菌に感染するし。。。これは、体温をあげて免疫力UPだ!と、先生に乗せられ(?)、低体温対策をはじめたら1年で36.5度、2年目の今年は37度前後をうろうろしている感じです。

    具体的にやったこと
    ・料理に大量のにんにく、しょうが、ねぎ、たまねぎなど、体を温める成分を持つものを食べる
    ・小腹が減ったときには、がっつり食べるのではなく、はちみつキャンディーなどを食べる
    ・歩く量を増やして筋量を増やした(毎日5-10キロ歩いた)
    ・パンやパスタなどの小麦粉ではなく、お米を食べる
    ・腹まきをする
    ・腹まきで寒いときにはホッカイロを入れる
    ・夏でもつめたい飲み物はのまない
    ・基本はあったかいお茶しかのまない
    など、食と着るものの二方面から攻めていきました。

    すごく効果がありましたよ!

現在は、平熱が平均で36.5度を超えるようになりました。

提供:MYLOHAS

onayami_toko

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る