有名な手法で発想力を磨く

絵: かたぎりもとこ

絵: かたぎりもとこ

いままでは私がよく使っている発想手法をご紹介しましたが、今週からは世の中で広く使われている、有名な発想力を磨く手法についてお話しします。

 

古くは紀元前300年のギリシャの「問題を解く術」や「ソクラテス法」などがありますし、「ブレーンストーミング法」も有名な発想法で、知られているだけでも300以上あると言われています。

 

大きくわけると二種類の発想法があり、アイディアを思いつく方法と、すでにあるアイディアを整理したり構造化することで考えを進化させる方法です。

 

私自身「頭の使い方」「発想法」関連の本は本当にたくさん読み、それらを実践しながら、自分の得意な発想法を探してきました。読者のみなさんも自分に合った発想法を300もある中からきっと見つけることができると思います。

 

この300以上の方法すべてをここでご紹介するわけにはいきませんので、その中から最近私がよく使っているものをご紹介します。

 

来週から、以下の内容をご紹介しますね。

  • スキャンパー(SCAMPER)のチェックリスト
  • ブレーンライティング
  • さらに勉強したい人のための参考書リスト

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.1.24

英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る