6月第4週: 質問をかわす

6月の第4週は、電話会議で「質問をかわす」ときの表現を学びます。

“I am sorry I am unable to answer your question because I am not in a position to comment on that.” (それについて意見を言う立場にありませんので、質問にお答えできません)のbecause以下を変えて、質問をかわす文を考えてみましょう。

 

MondayThat’s very interesting question. (とても面白い質問ですね。)

TuesdayWhy don’t we put it on the back burner for now? (とりあえず保留にしておいて、タイミングを見て改めて着手しませんか?)

wedI’m afraid I’m not in a position to comment on that. (残念ですが、お答えできる立場にありません。)

ThurI’ll have to give that some more thought. (それに関してもう少し考えてみますね。)

fridayI am glad that you asked that question. (いい質問ですね。)

SatI’d like to discuss this with some other people. (他の人とも相談したいのですが。)

SunI really don’t know what to say right now. This news is rather unexpected. (まったくの予想外の情報なので、現時点ではなんとも言えません。)

 

こんなふうにも…

不適切な質問に対しては、次のように答えることができます。

★ That is really not an appropriate question for this discussion. I would like to move on to the next question. (この議論に対して適切な質問ではありませんので、次に移りたいと思います。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  • 2015.1.25

    思考力Exercise 1: オリエンテーリングの発想を使う

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を使った提案力を磨くには、全体像を掴むことが不可欠。女性が苦手な全体像の掴み方をオリエンテーリングの発想を使って学びます。

  • 2015.1.5

    ビジネス思考を身につけよう!

    論理的思考力(ロジカルシンキング)を磨くことで、もう「思いつき」とは言わせない!提案書と企画書の書き方にフォーカスを当てながら、「ビジネス思考力」を磨き、それと同時に「ビジネス現場」で使われる「ビジネス言語力」を身につけます。

  • 2015.1.24

    英語で本や論文を読む苦痛を減らす事前準備6ステップ

    いくら英語ができるようになっても、英語で文章を読むスピードは、やはり日本語を読むスピードよりも4割減くらい。そこで、長文の英語の本や論文を読む前に、英語を読むのが億劫にならない事前準備をしています。

ページ上部へ戻る