10月第2週:食べ物について話すときの表現

10月の第2週は、食べ物について話すときの表現です。

どんな会話をしていいか分からないとき、パーティーではたいてい目の前に食べ物があるので、それについて話をスタートしてみませんか。自分の好きな食べ物のお話も、会話をスタートさせるのには便利です。そして、相手の好きな食べ物についても聞いてみましょう。

“This ~ is [tastes] … “(この<食べ物の名前>は<味>です)を使って、目の前にある(あるいは、あなたが思いつく)食べ物の味を説明する文を書いてみましょう。

例) This cake is too sweet. (このケーキは甘すぎます。)

MondayI love eating something heavy. (こってりしたものが好きです。)

TuesdayI have a sweet tooth. (甘党なんです。)

wedThis wine has a very fruity taste. (このワインはとってもフルーティーですね。)

ThurThis cheese is creamy. (このチーズ、クリームのようですね。)

fridayThe fruit is still pretty sour. (このフルーツ、まだかなりすっぱいですね。)

SatThis coffee tastes so round. (このコーヒー、とってもまろやかな味ですね。)

SunThe soup is bland. (このスープ、味がしないね。)

 

こんなふうにも・・・

コーヒーやワインなどの味は、幅広い表現が出来ますので、floral (花のような)、full-bodied (深いコクの)、rich (豊かな)、round (まろやかな)などの語を覚えておくと便利です。

★ This wine tastes so floral. (このワインはまるで花のような味がする。)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2015.2.15

思考力Exercise 4: 上司になりきって考える

全体像を見る1つのやり方として、上司の視点で考えてみることです。視点、視座を変えることで、現象が違った景色で見えてきます。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る