(Movie) 007 スカイフォール

Photo雨が降っているのでクリスマスイルミネーションを見に行く根性がなく、映画館へ。

007 スカイフォール」を見てきました。

内容(映画.com)より 

「007」シリーズの第23作で、「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」に続きダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる。各国のテロ組織に潜入している工作員を記録したMI6のハードディスクが何者かに奪われ、ボンドは犯人を追いつめるが、MI6の長官Mの命令で放たれた銃弾に撃たれ、橋の上から谷底へと落ちていく。Mはリストが奪われた責任を追及され辞職を迫られるが、これを拒否。しかしその直後、リストを奪った犯人によりMI6のオフィスが爆破され、さらなる犠牲者を出してしまう。このニュースを見たボンドは再びMのもとへ舞い戻り、現場へ復帰。犯人の手がかりを求めて上海へと渡る。「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデスがメガホンをとり、シリーズ初のオスカー監督が手がける「007」となった。ボンドガールは仏女優ベレニス・マーロウと英女優ナオミ・ハリス。悪役に「ノーカントリー」のハビエル・バルデム。M役はシリーズおなじみのジュディ・デンチ。

テンポのいい展開と、シルヴァの緻密な作戦は007シリーズらしい出来上がりで良かったです。シルヴァって頭脳ではボンドに勝ててるんだろうけど、それ以外はどうなんだろう?と思ってしまったことも事実ですが... 

007シリーズで普段は活躍するボンドガールもイマイチで、ミッシェル・ヨーばりの美しさとアクションができる女優が見つけられなかったのかしら!?と思ってしまいました。

Mが死んでしまうのは残念でたまりません。これは大人の事情で殺してしまったのか!?

情報戦でなく、最後は火炎量なのかなぁ。。。と思いながらも、映画は楽しみました。

組織の在り方やMのスピーチの作り方は、ビジネスにも参考になる点が多かったのですが、Mが死んでしまい、今後の007シリーズがどうなるのか、とても気になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る