ザ・マジックアワー

Photo観に行き損なった三谷幸喜さんの「ザ・マジックアワー」。DVDが出ていたので、やっと見られました。

内容(Yahoo!映画より)

暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディー・ドラマ。『THE 有頂天ホテル』の三谷幸喜が脚本と監督を務め、映画監督のふりをして無名の俳優を幻の殺し屋に仕立て上げようとする、しがないギャングの苦肉の策を描く。撮影と思い込み殺し屋に成り切る俳優に佐藤浩市、その俳優をだます小ずるい若者に妻夫木聡。うそと思い込みが巻き起こす感動と爆笑が交互に訪れる、巧みな脚本が光る

三谷幸喜さん、遊び過ぎ、と思う脚本で笑えました。有り得ないシチュエーションばかりで、しかも、イケメン俳優の佐藤浩市さんの落ちた演技が想像以上にハマっていて、佐藤さんの演技をここまで引き出した監督ってすごいなぁ〜〜と感動。
映画館で見るよりも、自宅で見た方がリラックスしながら笑えたと思ったので、自宅で見るにおススメの1本。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る