エレナ・モシュク ソプラノ・リサイタル

Photoエレナ・モシュクのソプラノ・リサイタルを観てきました。最近、平日は仕事、仕事で、なかなかコンサートに行けてなかったので、5時半ダッシュできて、ちょっと嬉しい♩

演目:
エネスコ :《クレマン・マロの7つの歌》アンヌへの贈り物/あなたは私を悩ませる/若い女性たちへ友人が書き送ったぶしつけな手紙より/バラの贈り物/私が堪え忍ぶなら

ヴェルディ:《イル・コルサーロ》~“私の頭から暗い考えを”

ロッシーニ:《コリントの包囲》~ “祈り”

ドニゼッティ :《アンナ・ボレーナ》~ “若い頃は純真だった・・・・誘惑されてはなりません”

フランク:天使の糧

ヴェルディ:《シチリアの晩鐘》~“ああ、パレルモ”

グノー:アヴェ・マリア

ヘンデル:涙の流れるままに

モーツァルト:《ハ短調ミサ》~ クレド ~ “精霊によりて”
” K.427モテット《踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ》

アンコール
ベッリーニ 清き女神よ
オッフェンバック 小鳥はあかしでの木に止まって
プッチーニ ドレッタの夢

なぜか、アンコールの方が力の入っていたコンサート。

コロラトゥーラの技術がすごくしっかりしていて、また、ピアニッシモもすごくきれいで、どきどきするコンサートでした。でも、高音がイマイチ。体調が悪かったのかなあ。。。 割れていたところもあって、もったいなかったです。

さすがにオランピアのアリアは持ち歌らしく、楽しめました。

自分も歌う歌が多かったので、プログラムの作り方など、とても参考になりました。

仕事ばかりしていないで、やっぱりこうやって、ライフの部分も充実させないと、音楽家としては成長しないなぁ。と反省でした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る